石川遼君、全米オープン出場!おめでとう!


やりましたね!

石川遼君、全米オープン出場です!

3年振りの出場になりますね。


全米オープンは、いつもテレビで観戦していますが、石川遼君が出ているのと

いないのとでは、楽しみが桁違いですもんね。

たいていは録画して観戦していますが、次の日が休みの時などは

リアルタイムで観戦するので、寝不足になります。


6月8日(月)に、オハイオ州コロンバス地区で行われた予選会に参加して

見事予選を通過しました。

予選は、1日に36ホールを回るストロークプレーで行われ、「69」、「67」の

通算8アンダーをマークし、出場120人中7位タイの成績を収めました。

それにより、同会場に割り当てられた上位15枠の中に入り、本戦の全米オープンへの

出場を果たしたのです。

本当に良かったですね。

石川遼君のファンとしては、本当に嬉しいです!


2007年、高校1年生の時、マンシングウェアオープンKSBカップで優勝し

一躍、時の人となり「ハニカミ王子」と呼ばれました。

前年、高校野球甲子園夏の大会で、現プロ野球日本ハムファイターズの斉藤佑樹選手が

「ハンカチ王子」と呼ばれ、人気者になっていたので、石川遼君も同様に、優勝を決めた

ショットと言っても過言ではない、バンカーからのチップインショットの際の

はにかんだ笑顔が話題となり「ハニカミ王子」と呼ばれるようになりましたね。


翌年には、現役高校生のままプロに転向。

2009年には日本ツアーの賞金王にまでなってしまいます。


石川遼君が素晴らしいのは、その輝かしい成績は勿論そうなのですが

私が素晴らしいと思うのは、インタビューでの受け答えやコメントです。

あの若さ、年齢で、どうしてああいう受け答えができるのだろうと感心してしまいます。

そう感じておられる方も沢山おられるでしょう。

だからこそ、石川遼君を応援したくなるのです。

プロのスポーツ選手として、素晴らしい成績を残す人はいます。

しかし、その成績に天狗になってしまう人が少なくないように感じます。

そんな中、石川遼君は驕り高ぶらず、素晴らしい人格の持ち主だと思います。

だからこそ、応援したいと思うのです。


アメリカツアーに参戦するようになって以降、日本にいた時のような成績は残せてはいません。

それは、アメリカツアーのレベルが高いからということもあるのでしょう。

石川遼君自身の問題(技術や身体、メンタル)もあるのでしょう。

しかし、きっと彼はアメリカでも、また、世界でも活躍してくれると信じています。


6月18日(木)に開幕する、海外メジャーの第2戦「全米オープン」で

私が寝不足になるくらいの、石川遼君の活躍に期待します!

勿の論(古!昭和かよ!)で、松山英樹君も応援しますよ!


スポンサーリンク



この記事へのコメント