日本vsシンガポールと「マイアミの奇跡」の川口能活選手


ん~!

やはりというかなんというか…。
厳しい結果になってしまいましたねぇ~。
W杯の予選は甘くないんですよねぇ。

しかし、あれだけシュートを放って1本もゴールを割れないとは。
こういう試合展開を「ゴールマウスに鍵がかかった試合」っていうんですよね。

FIFAランクで言えば、日本が52位で、シンガポールは154位。過去の対戦成績にしても、日本が20勝1分け3敗と大きく勝ち越している相手です。
しかも、ホームでの試合となれば、多数の人は日本の勝利を当然期待しますよね。

ですが…。

W杯の予選は難しいんですよ。

それにしても、今日のシンガポールのGKイズワン・マフブド選手は凄かったですね。
「敵ながらあっぱれ!」と言うしかないような、ファインセーブの連発でした。
あと…、ポストとクロスバーにも嫌われましたね。


今日のシンガポールのGKを見ていて、かつての日本代表GKの川口能活選手を思い出していました。

川口能活選手は、横浜マリノス/横浜F・マリノスやジュビロ磐田で活躍し、現在はJ2に所属するFC岐阜でプレーしています。
川口能活選手は身長180cmと、ゴールキーパーとしては小柄な体格ですが、ゴール前での飛び出しと俊敏な反応がすばらしく、また、 大舞台に強いメンタルの強さも長所で、重要な国際試合で、何度も神懸かり的な活躍をするのを見てきました。

特にペナルティーキックでのファインセーブは数多く、相手チームにPKが与えられても、川口能活選手なら止めてくれるような気がしたもんです。

「マイアミの奇跡」と言われている、アトランタオリンピックでのブラジル代表と対戦でも川口能活選手の活躍が大きいと思いますよ。得点を取った伊東輝悦選手も素晴らしいと思います。その後のブラジルの猛攻を防ぎきった、チーム、ディフェンダー陣も素晴らしいと思います。しかし、やはり、川口能活選手の活躍無くして「マイアミの奇跡」は語れないと思います。

というような昔の事を思い出させる今日の試合でした。


今日のシンガポールのGKイズワン・マフブド選手は素晴らしかったですが、アウェーとなるシンガポールでの試合では、ゴールの口をこじ開けて、大量得点でリベンジしてさしあげましょう!


頑張れ日本!


スポンサーリンク



この記事へのコメント