リオデジャネイロ五輪出場へ!U22コスタリカ代表に完勝!


来年のリオデジャネイロ五輪出場を目指すU-22(22歳以下)サッカー男子日本代表が、ユアテックスタジアム仙台で強化試合を行い、U-22コスタリカ代表に2―0で快勝しました。

試合は終始、日本のペースでしたね。

コスタリカといえば、昨年のW杯ブラジル大会ではベスト8に入った強豪国です。

FWのルイスを中心とした攻撃はスピードのある、速攻型のチームだったと思います。

グループリーグでは、イタリア、ウルグアイ、イングランドという強豪国と同組になり、「死の組」と言われていたんじゃなかったかな?

前評判では、イングランドとウルグアイが予選を通過するのではと言われていたはずですが、終わってみれば、コスタリカが2勝1分の勝ち点7で1位通過してしまいました。

W杯前の強化試合で、日本とコスタリカは対戦しているんですが、日本が勝っているはずです。

コスタリカに勝った日本が予選敗退で、負けたコスタリカがベスト8まで勝ってしまうんですから、W杯というのは難しいもんですね。


今日のU-22コスタリカ代表には、ルイスのような起点になるような選手がいなかったですね。

だから、攻撃が単発で、チグハグなものになっていたように感じました。

それに比べて、我が日本チームは攻守に連携がとれていて、素晴らしいサッカーをしていたと思います。

欲を言えば、FWとBKの距離が狭まった、もう少しコンパクトなサッカーが出来れば、もっと良かったかなと思います。


それにしても、中島翔哉くんの動きは素晴らしいですね。

周りのこともよく見えていますし、パスのコースもタイミングもバッチリです。

他にも、DFの植田直通くんや松原健くん、MFの遠藤航くんや矢島慎也くん、FWにもタレントが揃っています。

正直言うと、今の日本代表のメンバーよりもU-22代表のメンバーの方が期待が持てると思っています。

2018年のロシア大会には、今のU-22のメンバーが多く入った方が、いや、中心になっているくらいの方が強いチームになると思っているくらいです。


何といっても、今日は、手倉森誠監督のコメントが最高でしたね。

「日本代表として戦うからには、日本の魂を示さなくてはいけない。今日は選手が本当ににまとまって大和魂を示してくれたと思います。」
このコメントを聞いて胸が熱くなりました。

手倉森誠監督が率いるこのチームなら、リオデジャネイロ五輪のアジア最終予選を突破し、オリンピック大会でも好成績を残してくれると信じています。



スポンサーリンク



この記事へのコメント