全米女子オープン決勝ラウンド!頑張れ、大山&葭葉&鈴木&横峰&上原&菊池&穴井&森田!

全米女子オープンの決勝ラウンドが始まりましたが、日本勢は頑張っていますね~!

先日の記事「全米女子オープン開幕!」の中で、日本勢は13名と書きましたが、森田遥さんは御両親が中国人ということもあり、今大会は中国籍での出場で、日本勢は12名の出場という事になりました。

その森田さんは、予選の2ラウンドをスコア+4の予選のカットラインをギリギリで通過し、決勝ラウンドに進出していますが、決勝ラウンド初日の3日目はスコア+5で、トータルスコア+9となり、61位タイになっています。がんばれ~!

決勝ラウンドに進出した日本勢は7名で、アマチュア中学生の山口すず夏ちゃんは残念ながら予選落ちとなってしまいましたね。
残念。

山口すず夏ちゃんのスイングを初めて見ましたが、特徴としては、完全なベタ足打法ですね。
左右の足の裏が地面にくっついたままでインパクトを迎えています。

私が知っているベタ足打法といえば、すぐに思いつくのは青木功さんかなぁ。
腕の使い方やスイングアークは全然違いますが、足の使い方が、ベタ足打法という事では同じで、特徴のあるスイングですね。
すごく安定感があるように感じました。

メンタル面はしっかりしていそうだし、今後の活躍に期待したいと思います!

大山志保さんは、ガッツポーズ連発の気持ちの入ったプレーをして、3日目終了時点でスコアは-3、順位は4位という好成績で最終日を迎えることになりました。

ショットがキレキレというわけではないので、パットの良さで上位に進出しているって感じですかね。
トップとは5打差ありますが、充分優勝が狙える位置にいるので、最終日もガッツポーズ連発のラウンドをして好結果を期待したいです。

パッティングで印象に残ったのは、葭葉(よしば)ルミさんですね。
葭葉さんは3日目終了時点でスコアはイーブン、順位は12位タイです。
初出場ですが、見事に予選を通過した上に、上位の成績で最終日を迎えることになります。

パッティングの基本として、ボールの行方を目で追わないというのがありますが、葭葉さんのパッティングは見事に頭を残していましたね。
ボールが転がり出してから数秒間は頭が動きませんでした。
すばらしい!

鈴木愛さんは葭葉さんと同じく12位タイ、横峯さくらさんはスコア+1で18位タイ、上原彩子さんと菊地絵理香さんはスコア+4で37位タイ、 穴井詩(らら)さんはスコア+6で53位タイ、森田遥さんはスコア+9で61位タイとなっています。


明日の最終日の皆さんの奮闘にエールを送りたいと思います!
がんばれ~!

スポンサーリンク



この記事へのコメント