暑い!『東京都心で半世紀ぶりに海水浴場復活へ――。』

みなさま、おばんです。
「おばんです」は、北海道や東北地方などで使われる、夜のあいさつで、こんばんはという意味だそうです。

なんで、大阪生まれ大阪育ちの私が、「おばんです」なんだろう?
なぜかはわかりませんが、この記事を書き出そうとしたら、「おばんです」が出てきました。
ケンミンショーの影響かな?

実は私、ケンミンショーの大ファンでして、必ず録画をして見ております。
ケンミンショーは面白いですね。
ケンミンショーを見ていると、他県民の事のみならず、大阪府の事も知ることができますし、つくづく日本は広いなぁと感心してしまいます。

いやいや、今日書こうと思ったのはケンミンショーのことではなく、日本中が30℃を超すような暑い一日でしたねということです。
7月中旬ですから、大阪で30℃を越えるのは珍しいことではありませんが、仙台で34℃、札幌でも31℃と真夏日になっています。金沢では35℃の猛暑日になっていますね。

昨日なんかは、兵庫県の豊岡や北海道の帯広でも35℃を超える猛暑日で、日本中がホットホットな状態です。

梅雨明け前(大阪はまだ明けていません)にはよくあることですが、晴天が続いて暑くなると、身体が高温に慣れていないせいか、しんどくなることが多いですね。

しんどいで済めば良い方で、全国各地で熱中症になり救急搬送される人が続出しています。
軽度の熱中症で済めば良いですが、重症化すると命に関わってくるので要注意です。
皆さん、小まめな水分補給と休息を心がけて、くれぐれも無理は禁物ですよ。

大阪は、明日も最高気温が34℃の予報なので、暑い一日になりそうです。
こんなに暑いと水辺が恋しくなりますね。


水辺といえば、こんなニュースを目にしました。
『東京都心で半世紀ぶりに海水浴場復活へ――。』という見出しのニュースです。

それによると、東京都は18日から、葛西海浜公園(江戸川区)で試験的に海水浴場をオープンし、需要や安全性を確認する社会実験を開始するそうです。
同公園では、地元のNPOが2012年から「海水に顔をつけない」などの条件で都の許可を受け、海水浴の体験イベントを開いてきましたが、今回は「顔つけ」も解禁となるようです。

このニュースにふれ、海水に顔がつけられないなんて、どんだけ海が汚れているのか想像できるってもんだなと思ったもんです。
東京都心での海水浴場復活は半世紀ぶりというんですから、いかに長い間、海を汚染し続けたかってことですよね。

経済が急激に成長する時には、環境が置き去りにされるのは世界中に起こっている現象ですね。
日本の近くでは、中国が現在そういう状況かもしれません。


とにかく、こう暑いと水辺が恋しくなりますが、暑い時期には、小さい子供たちの水辺の事故のニュースがよくあります。
大人の皆さん、くれぐれも目を離さないようにしてあげて下さいね。


スポンサーリンク



この記事へのコメント