センチュリー21レディスGT優勝のアン・ソンジュさんの目に涙&ベストアマに新垣比菜さん!

昨日、最終日が行われた、「センチュリー21レディスゴルフトーナメント(静岡県・伊豆大仁カントリークラブ )」で、アン・ソンジュさんが優勝しましたね。

アン・ソンジュさんは今年2月に御結婚され、今回の優勝は結婚後では、初の優勝となりました。
おめでとうございます!

トレーナーでもある旦那さんのキム・ソンホさんがキャディを務めておられ、ウイニングパットを決めた後、二人で抱き合っておられました。
アン・ソンジュさんの目には涙がみられ、感動的でしたね。

解説の古閑美保さんが仰っていましたが、初日、二日目にはキャディの旦那さんとアン・ソンジュさんがラウンド中に喧嘩をしていたそうで、優勝インタビューで、インタビュアーに「最終日は喧嘩していませんでしたね。」と問いかけられると、アン・ソンジュさんは「今日は最終日だから…」と苦笑いしながら答えておられましたよ。
“夫婦は喧嘩するほど仲が良い”といいますが、アン・ソンジュさんのご夫婦も仲が良いということでしょうか。(*^_^*)
お幸せに。

アン・ソンジュさんは、2010年・2011年・2014年に賞金女王となっていますし、2012年(賞金女王は全美貞(ジョン・ミジョン)さん)と2013年(賞金女王は森田理香子さん)には4位になっている実力者です。
そのアン・ソンジュさんが泣くくらいですから、よっぽど嬉しかったんでしょうね。
旦那さんの為にも、結婚して成績が落ちたと言われるのは厭(いや)ですよね。

2009年に賞金女王になった横峯さくらさんも、インタビューで、結婚して成績が悪くなったと言われないように頑張りたいと仰っていましたね。
横峯さくらさんの旦那さんはメンタルトレーナーをされているので、尚更、影響を気にされるかもしれませんね。
なにせ、ゴルフはメンタルのスポーツと言われる事があるくらいですから。

横峯さくらさんはアメリカツアーで頑張っています。
宮里藍ちゃんや宮里美香さん、有村智恵さんもアメリカツアーで強豪に揉まれながら頑張っていますね。
さくらちゃんも頑張れ!


今回、ベストアマになったのは、沖縄県・興南高等学校2年生の新垣比菜(あらかき ひな)さんです。

新垣比菜さんは、2014年の「ヨネックスレディースゴルフトーナメント」や「ニトリレディースゴルフトーナメント」でベストアマになり、驚くことに、「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」では2013年から2015年まで、3年連続でベストアマを獲得しています。

そればかりか、今年の4月には、プロに交じっての下部ツアー、「ステップアップツアーラシンクニンジニアRKBレディース」では、プロを抑えて優勝しています。

しかも、直前の「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」では9位タイ、今回の「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」では6位タイと、プロに混じっての試合で、2週連続のトップ10入りを果たしているんですよ。
凄いですね!\(^o^)/


新垣比菜さんの気に入った点は、綺麗なスイングと何より、キャディがお父さんということです!
そういえば、ツアー優勝経験のある勝みなみさんは、お母さんがキャディをしておられましたね。
皆さん家族で頑張っておられます。
凄い!

新垣比菜さんは、同じ沖縄県出身の諸見里しのぶさんに雰囲気が似ているような気がしますね。
手足が長くて、切れの良いショットを放つ所や沖縄県民特有の彫りの深さ、よく日に焼けている所なんかも…。


諸見里しのぶさんは、昨年シード落ちしてしまいました。
横峯さくらさんが賞金女王になった2009年には、2位になっている実力者なんですが、あの年に賞金女王になれなかったのが、精神的にかなり尾を引いているような気がします。

記憶が朧(おぼろ)ですが、年序盤から調子の良かった諸見里しのぶさんは、賞金ランキングのトップを快走していました。
しかし、終盤の2~3試合で追い着かれ、最後の試合で横峯さくらさんに逆転されてしまい、賞金女王になれなかったと記憶しています。
次の年からは、何かが噛み合わないというか、大事な所でミスが出てしまうゴルフになってしまい、それが、焦りに繋がる悪循環に陥ってしまったように感じます。

切れの良いショットを放っていた頃の諸見里しのぶさんの復活を期待して待ちたいと思います。
頑張れ!

そんな感想を持った、「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」の観戦でした。


スポンサーリンク



この記事へのコメント