いよいよ決勝戦!第97回全国高校野球選手権大会、第13日の結果と第14日の予定

第97回全国高校野球選手権大会、第13日の結果と第14日の予定

第13日
8月19日(水) 準決勝
第1試合   
早稲田実(西東京) 0 - 7 仙台育英(宮城) 
第2試合   
東海大相模(神奈川) 10 - 3 関東一(東東京) 

第14日
8月20日(木) 決勝
仙台育英(宮城) 13:00開始予定 東海大相模(神奈川) 

東京勢2校は共にまけてしまいましたね。
仙台育英(宮城)は投手、佐藤世那くんの投球と捕手、郡司裕也くんの見事なリードで完封勝利をあげました。
早稲田実(西東京)の清宮幸太郎くんは3打数1安打1四球でしたが、打点をあげることは出来ませんでした。
関東一(東東京)のオコエ瑠偉くんは5打数1安打2三振と東海大相模(神奈川)の吉田凌くん、小笠原慎之介くんの両投手に抑え込まれました。
特に、吉田凌くんの投球にはタイミングが合っていませんでしたし、ワンバウンドする球を振らされていたので、吉田凌くんの球の切れが非常に良かったのでしょうね。

いよいよ明日は決勝戦です。
仙台育英(宮城)は26年ぶり、東海大相模(神奈川)は5年ぶりの決勝進出となります。
仙台育英(宮城)は、26年前の決勝戦では帝京(東東京)に0―2で敗れており、東北勢初の優勝を目指しての戦いになり、対する、東海大相模(神奈川)は、5年前の決勝戦で興南(沖縄)に1―13で敗れており、勝てば1970年以来45年ぶりの優勝となります。
両校の対戦は春夏通じて初となり、新たな歴史が刻まれることになりますね。

明日の天気の予報では、今日と同じく小雨模様での決勝戦となりそうですが、曇天に負けない熱い試合を期待して応援したいと思います!


スポンサーリンク



この記事へのコメント