イ・ボミさん(韓)優勝!今シーズン3勝目!「ニトリレディスゴルフトーナメント」

イ・ボミさん(韓)優勝!今シーズン3勝目!

北海道の小樽カントリー倶楽部 (6483ヤード パー72)で開催された「ニトリレディスゴルフトーナメント」で、イ・ボミさんが6月の「アース・モンダミンカップ」以来となる3勝目を上げました。
おめでとうございます!

イ・ボミさんは、昨年9月「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」最終日に、父ソクジュさんを56歳の若さで亡くしています。
その父と交わした「賞金女王になる」という約束を果たすべく、5月の「ほけんの窓口レディース」で1勝目を上げるまでの9試合でも7試合でトップ10入りしていて、着実に賞金を積み重ね、賞金ランク1位をキープしています。

「ニトリレディスゴルフトーナメント」での賞金を上乗せしたイ・ボミさんは、賞金ランク2位のテレサ・ルーさん(台湾)との差を広げ、約5千万円の差をつけることになり、父と約束した賞金女王へ、また一歩近づいたといえるでしょうね。


最終日、イ・ボミさんと同じ組でラウンドしたのは、渡邉彩香さんと穴井詩(らら)さんのふたりですが、二人とも女子ゴルフ界きっての飛ばし屋です。
飛距離では渡邉彩香さんと穴井詩さんに置いていかれるイ・ボミさんですが、ショットの正確性では抜きん出ていましたね。
渡邉彩香さんや穴井詩さんが常にフルショットしているのに対して、イ・ボミさんはクウォーターショットでコントロールしている事が多かったですね。

穴井詩さんは常に“満振り”といっていいくらいに振っているので、距離はでるでしょうが、方向性に狂いが出ることが多い気がします。ただ、その“満振り”が穴井詩さんの魅力でもあるので痛し痒しというところでしょうか。
でも、“満振り”の穴井詩さんは格好良いです。

一方、クウォーターショットの多いイ・ボミさんのボールコントロールの精度は抜群でしたね。
ドライバーであれアイアンであれ、落とすべき場所に落ちるようにボールを運んでいるかのような精確なショットでした。すばらしいです。

渡邉彩香さんは、先週の「CAT Ladies」に続いて最終日最終組でのラウンドとなりましたが、またも優勝はなりませんでした。
試合後のインタビューで「悔しいけれど、こういう経験が大事」と話しておられたように、優勝争いを経験することで、経験値が上がっていき優勝に近づいていくと思います。

渡邉彩香さんが、最終ホール、ラフからの2打目を放った直後に、渡邉彩香さんの顔がアップになりましたが、その口が「絡め!」と言っているように動いたような気がします。
優勝を逃しても、グリーン周り一杯に集まっているギャラリーに対して、“魅せる”ゴルフを披露したいというプロ根性を垣間見たような気がして嬉しくなりました。
渡邉彩香さんの今後の活躍を期待して応援しようと思います!

初日に久々の好スコアを出した松森彩夏さんでしたが、2日目、3日目とスコアを落とし、トータル5オーバー、23位タイでのフィニッシュとなりました。
松森彩夏さんも今後の活躍を期待します!

上位成績表(敬称略)
順位 スコア 氏名 
1位 -7 イ ボミ(韓)
2位 -5 渡邉 彩香 
3位 -4 穴井 詩 
4位タイ


-2


李 知姫(韓)
福田 真未
服部 真夕 
7位タイ


-1


全 美貞(韓)
成田 美寿々
福田 裕子 
10位 EVEN 香妻 琴乃 
23位タイ +5 松森 彩夏 



スポンサーリンク



この記事へのコメント