たま駅長ととらこさんに纏(まつ)わるetc

たま駅長が天国に旅立ってから二ヶ月ちょっとが過ぎました。

日本国内のみならず、海外にも多くのファンがいて、たま駅長に会う為に日本に来られた方も大勢いらっしゃったと聞いています。

6月25日の記事『犬は見てますよ!&「たま駅長」ありがとう。』にも書きましたが、猫好きの友人が和歌山県の喜志(きし)駅に行き、たま駅長に会ってきた時の事を嬉しそうに話してくれたのは去年のことになります。

2015年6月22日に、たま駅長が亡くなった後は、後輩のニタマ前・伊太祈曽(いだきそ)駅長が喜志駅長に就任して、町の活性化に貢献してくれています。

ニタマ駅長は、2012年1月5日から2015年6月までは伊太祈曽駅の駅長に就任していましたが、貴志駅長のたま駅長が休みである日曜や、たま駅長の体調が悪いときにはニタマ駅長が「貴志駅長代理」として勤めていました。

また、岡山電気軌道には、熱心な和歌山応援オタクさんの働きかけでできた、「たま電車・わかやま応援館」というのがあり、そこでは、たま駅長の後輩の、SUNたま×2(さんたまたま)という三毛猫が館長代理を務めているんですよ。

たま駅長が残した功績は、繋がりの輪をどんどん大きくしていきますね。
たま駅長、凄いです。
心安らかに…


今回の記事の題名「たま駅長ととらこさんに纏(まつ)わるetc」に出てくる、とらこさんというのは、実家で飼っていたトラ柄の猫さんのことでして、2年前に天国に旅立ちました。

最初は野良猫だったのですが、頻繁に玄関や庭に遊びに来るようになり、母が気に入り、家の中で飼うようになり、15年間ほど一緒に暮らしていました。

愛らしいお顔をしており、母はもちろん、私の話す言葉も目を合わせてしっかりと聞く姿には聡明さを感じましたよ。
親バカならぬ飼い主バカかな?
でも、ペットと一緒に暮らしている飼い主さんには、そう思っている人が多いんじゃないでしょうか。
ペットは家族の一員で、うちの子が一番可愛い!とね。

動物霊園で、とらこさんの火葬をして頂いた際、係りの方が、とらこさんの遺骨を頭から尻尾の先までを綺麗に並べて下さり、「綺麗なお骨ですね。」と言って下さいました。
遺骨が綺麗なので、大きな病気でどこかを悪くするということが無かったんじゃないかとも仰っていました。

その係りの方が、仰っていたのですが、家猫さんの平均寿命は17~18年なのだそうですが、野良猫さんのそれは3~4年ほどなのだそうです。
屋外で生活するということは、それだけ厳しい環境だということなんでしょうね。
その話を聞いたとき、驚くと同時に、とても不憫に感じたものです。


不憫といえば、オーストラリア政府が、2020年までにオーストラリア国内の野良猫、200万匹を殺処分する方針を発表したと、時事通信が伝えました。

フクロアリクイなど、絶滅の恐れのある固有動物を保護するのが目的なのだそうで、18世紀末以降に欧州人が入植した際に猫が持ち込まれており、オーストラリアでは外来種となるそうです。

オーストラリア政府は、「少なくとも哺乳類27種の絶滅に野良猫が関わった。これ以上、絶滅させてはいけない」と発表し、野良猫を駆除する方針を表明、理解を求めています。

入植開始後、固有の哺乳類の1割以上が絶滅したとの報告があるそうなので、政府としても苦渋の決断を下したということなんでしょうね。 

在来種が外来種に駆逐(くちく)されるという話は、日本でもよく聞きますが、ご他聞に洩れず、世界中で問題になっているということですね。

絶滅の恐れのある固有動物の保護というのも大事であるとは思いますが、平均寿命が3~4年しかない野良猫さんが殺処分されるというのは…、なんだかやりきれない気持ちになってしまいます。

これも、身勝手な人間の所業の結果ということでしょうか…。
誰か、良い知恵はありませんか?

まだ、施行されてはいないので、今後の成り行きを見守りたいと思います。




■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    +++ 最大級のジグソーパズル専門店 +++

        【 ジグソークラブ 】
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HUTWI+3257OY+28YQ+5ZEMR
------------------------------------------------------
 ・人気のワンピース・ラッセンをはじめ、品揃え充実!
 ・キャンペーンやポイント獲得ゲームも実施中♪
 ・¥7,350以上お買い上げで送料・代引き手数料無料☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■





スポンサーリンク



この記事へのコメント