サッカー日本代表対イラン戦観戦記2015.10.13

サッカー日本代表対イラン戦観戦記

サッカー日本代表が13日、イラン・アザディスタジアムでイラン代表との国際親善試合を行い、1対1の引き分けに終わりました。

前後半通して言えるのは、フィジカルもメンタルも勝利への貪欲さがあるのはイラン代表の方でしたね。

ただ、イラン代表は若い選手が多い為か、テクニックと戦術に弱点があったように思います。

しかし、戦前メンバーを大幅に入れ替えると言われていた日本代表のメンバーは、DFの米倉恒貴選手が目新しいメンバーというだけで、他のメンバーは途中交代などでいつも試合に出ているメンバーで、新鮮味はなく、戦術的にも変化がなかったと思います。

最後の最後に出場した南野拓実選手は、せっかく召集したのですから、もっと早い時間帯に出してあげて欲しかったですね。

南野拓実選手は今回がA代表デビューになりますし、個人の実力もそうですが他の選手との連係などを判断するには時間が短すぎて残念でした。

失点となった前半終了間際の吉田麻也選手の反則は残念でしたね。

解説でプレイヤーズゲストの田中マルクス闘莉王選手も仰っていましたが、あの反則は要らない反則でしたね。

イランの選手はゴールに向かっていませんでしたし、決定的なピンチを迎える可能性がほぼない状況だったと思いますから、必要のないPKを与えてしまったと思います。

吉田麻也選手は疲労が溜まっていたのかもしれませんが、DF最後の要としては反省すべきでしょうね。(私もDFだったのでDFには厳しい目で見てしまいます)

得点した後半のプレイ、試合を通してよく走り、球際も厳しくきていたイラン代表ですが、あの瞬間は動きが止まりましたね。

本田圭佑選手に対して全くチェックが来なかったので、本田圭佑選手はセンタリングを自由にコントロールできたでしょうね。

事実、得点した武藤嘉紀選手に素晴らしいボールを放り込みました。

本田圭佑選手が素晴らしいボールを蹴るのは久々に見たように思いますが…。

武藤嘉紀選手は頑張っていると思いますし期待もしてはいるのですが、岡崎慎司選手に比べると、もっともっと成長して欲しいと思います。

岡崎慎司選手は素晴らしいですね。

勝利に対する貪欲さが前面に出ているので、感情移入しやすくて私は大好きです。

テクニックのある選手はいっぱいいますが、日本代表に求められているのは、岡崎慎司選手のような勝利への貪欲さだと私は思っています。

個人的には、前任のハビエル・アギーレ前監督がW杯で監督をしていた、メキシコ代表のようなチームを日本は目指すべきだと思っています。

それは、体格的にも同じくらいですし、テクニック的にも、個人の力で突破できるような破壊力のある選手がいないし、パスの精度やトラップの精度もまだまだの日本は、チーム全体で守りチーム全体で攻めることがかなり求められます。

しかも、そこには岡崎慎司選手のような勝利への貪欲さが必要だと思います。

精神論に傾倒することは良くないことではありますが、選手には国を代表している重みというものを体現して欲しいなと期待しています。


スポンサーリンク



この記事へのコメント