ヤクルト・山田哲人さん、ソフトバンク・柳田悠岐さん、トリプルスリー達成!おめでとうございます!

ヤクルト・山田哲人さん、ソフトバンク・柳田悠岐さん、トリプルスリー達成!おめでとうございます!

トリプルスリーとは、打率3割以上、30本塁打以上、30盗塁以上を同時に達成するという記録で、安打を打つ確実性と長打力、それに加えて走力も備えていなければ達成できない非常に難しい記録なのです。

長いプロ野球の歴史の中でも8人しか達成者がなく、山田哲人さんと柳田悠岐さんの二人を加えても10人しか達成者がいません。

トリプルスリー達成者は、65年前の1950年に岩本義行さん(当時・松竹)と別当薫さん(当時・毎日)、1953年に中西太さん(当時・西鉄)、1983年に簑田浩二さん(当時・阪急)、1989年に秋山幸二さん(西武)、1995年に野村謙二郎さん(広島)、2000年に金本知憲さん(当時・広島)、2002年に松井稼頭央さん(当時・西武、現・楽天)が達成しています。

セ・パ両リーグからの同時達成は、実に65年ぶりの快挙となります。

東京ヤクルトスワローズの山田哲人さんは打率3割2分9厘、38本塁打、34盗塁で、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐さんは打率3割6分3厘、34本塁打、32盗塁での達成となりました。

お二人とも素晴らしい活躍ですね。おめでとうございます!


山田哲人さん、柳田悠岐さんの活躍で注目されたトリプルスリーという記録ですが、トリプルスリーにまつわる面白い話を見つけました。

”打撃の神様”と呼ばれた川上哲治さん(巨人)は、1950年に打率3割1分3厘、29本塁打、34盗塁と、本塁打が1本足りずにトリプルスリーを逃しているのですが、同じように本塁打が1本足りずに達成できなかったのが長嶋茂雄さん(巨人)で、ルーキーだった1958年に打率3割5厘、29本塁打、37盗塁を記録しています。

長嶋茂雄さんは、よく”記録よりも記憶に残る男”と称されます。
デビュー試合で金田正一さんに4三振を喫した話は有名ですが、その年、つまりトリプルスリーを逃した1958年、本当ならば30本塁打を放っているのです。

どういうことかというと、広島戦で左中間のフェンスを越える打球を放ったものの、1塁を回る際にベースを踏み忘れてしまいます。当然、ベースを踏んでいない場合はアウトになるので、本塁打は取り消しになってしまいます。
この本塁打が取り消しになっていなければ、ルーキーでのトリプルスリー達成という初の快挙となっていたのですから、いかにも”記録よりも記憶に残る男”長嶋茂雄さんですよね。

長嶋茂雄さんのことは私の父も大好きでしたが、そんな所が多くの方に愛されている理由なのかもしれませんね。


スポンサーリンク



この記事へのコメント