小平智さんキレキレショットで『日本オープン』初制覇!『日本オープンゴルフ選手権競技2015』結果

小平智さんキレキレショットで『日本オープン』初制覇!

兵庫県・六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(7394ヤード パー72)で開催されたメジャー試合『日本オープンゴルフ選手権競技2015』で、小平智さんが『日本オープン』の初優勝を果たしました。

小平智さん、おめでとうございます!

小平智さんは2位の池田勇太さんに2打差をつけてのトップスタートでした。

小平智さんもスコアを伸ばすことができませんでしたが、他の選手もスコアを伸ばすことができず、途中からは小平智さんと池田勇太さん二人のマッチレースのような展開になり、かなり見応えのある試合だったと思います。


小平智さんのショットは素晴らしかったです。
小平智さんご本人が「ショットが持ち味」と仰っておられるのが納得できるような、キレのある素晴らしいショットを連発していました。

後半、フィニッシュが決まらないことが何度かあったようにも感じましたが、17番や18番ホールのショットは本当に素晴らしく、池田勇太さんにプレッシャーを与えていたんじゃないかと思うくらい抜群のショットでした。

池田勇太さんも素晴らしいプレイをしていましたが、気の毒だったのは最終18番ホールのティーショットを打つ際の心無いファンの行動です。

池田勇太さんがアドレスに入りテークバックに入ろうかという場面で、池田勇太さんのキャディーさんがカメラを構えている観客に気付きプレイを中断させました。

池田勇太さんは17番のバーディーで小平智さんに追いつき、気持ちも乗って集中していたと思うのですが、仕切りなおしを余儀なくさせられたことは非常に気の毒だったと思います。

仕切りなおしをして放ったショットはフェアウェー左のバンカーに捕まってしまい、前方のあごが高く2打目でグリーンを狙うのが難しい所にボールが止まってしまいました。

ゴルフに“たら・れば”は禁物ではありますが、あの仕切りなおしがなければどうなっていたか?を考えると、本当に残念な出来事で、池田勇太さんには同情を禁じえません。

今年の『全英オープン』の18番ホール、ジョーダン・スピースさんの2打目を打つ際にも今回と同じようなことがあったのを思い出しました。

観客の皆さんはルールとエチケットを守って応援して下さい。


小平智さんはウイニングパットを沈めた後、右手で小さくカッツポーズをしていましたが、コメントで「僕が勝ったということは、負けた人がいるということ」と仰っていたのを聞いて、私は一気にファンになってしまいました。

今後、小平智さんは海外にも目を向けておられるそうなので、注目して応援していきたいと思います!


スポンサーリンク



この記事へのコメント