「富士下山」をご存知ですか?

「富士下山」をご存知ですか?

最近、密かにブームとなっているそうで、登山ビギナーや高齢者でも楽しめると評判だそうですよ。

富士山の夏山シーズンは先月の15日に終了していますが、富士吉田市の調べによると、7~8月の県側からの登山者数は14万7616人と過去10年で最低の記録で、最も多かった2010年の25万9658人からは43.1%の減少で、ほぼ半減していることになるそうです。

御嶽山や箱根山が噴火したことによる富士山噴火への心配や、世界遺産ブームの落ち着き、今年の天候不順が重なったことが登山者減少の理由として考えられそうですが、約半減していると聞くと驚いてしまいますね。

私が富士山に初めて登ったのが5年前で、一番登山者の多かった年になりますが、御来光を見るための登山者が列をなしていました。

真っ暗な中、登山者が点けているヘッドライトが河のように繋がっている景色は幻想的で綺麗でした。

私は富士山に3回登ったことがあるのですが、3回とも5合目からの登頂になります。

6合目の手前までの少しの行程には樹木や草木があるのですが、以降は玄武岩の岩石だけの世界になってしまうので、殺伐とした風景と言えなくもありません。

しかし、富士下山では自然豊かな5合目から下への行程になるので、体力的に楽であるというだけでなく、四季の移ろいを感じながらの下山になり、富士山の色々な表情を楽しみながら歩くことができます。

火口の中を歩けるスポットとして有名な宝永火口を歩いたり、砂と小石が混ざった砂礫地帯の「大砂走り」の砂はクッション性が高いため、足腰への負担が少なく歩きやすいので、登山経験の少ない方でも楽しむことができるそうです。

また、富士下山では頂上への登山では経験できない紅葉を楽しむこともできるので、登山ビギナーや高齢者でも楽しめると評判で、日帰りツアーを企画している旅行社もあるそうです。

残念なことに日帰りツアーは関西圏からではなく関東圏からの出発しかなさそうですが…。


一度は富士山にと考えておられる方は、来年の登山シーズンまでに富士下山にチャレンジしてみてはいかがですか?







スポンサーリンク



この記事へのコメント