黄重坤さんが逆転優勝!石川遼くんはOBが痛い!『カシオワールドオープン2015』結果

黄重坤さんが逆転優勝!石川遼くんはOBが痛い!

『カシオワールドオープン2015』(高知県・Kochi黒潮CC)の最終日、2位からスタートした黄重坤さん(韓)が6アンダー「66」でラウンドし、トップでスタートした石川遼くんを逆転、1打差で優勝しました。

黄重坤さん、優勝おめでとうございます!

黄重坤さんはスイングのリズムが素晴らしいですね。

ゆったりとしたスイングで、スイングの途中のどこにも力みというものを感じませんでした。

中継中、17番ミドルホールのティーショットだけ、スイングのリズムが少し狂いましたが、その他のスイングはゆったりとしていて素晴らしかったです。

特に最終18番ロングホールの2打目、3番ウッドでのショットは抜群でした。

ティーショットでは、飛距離で石川遼くんに遅れをとっていましたが、石川遼くんより先に打った2打目はピン横4mにピタリと寄りました。

残りの距離がスプーンの飛距離と一致していたという幸運もあるのかもしれませんが、その距離をきっちりと打ってくるというのが素晴らしいですし、幸運も実力のうちですよね。

そして、ラインは比較的わかりやすいラインとはいえ、距離約4mのパットをきっちりと沈め、イーグルでの優勝となりました。

黄重坤さん、素晴らしいです!


石川遼くんは12番ホール、ティーショットのOBが痛かったですね。

17番ホールではカラーからねじ込みバーディーを奪って、黄重坤さんに追いつき、最終18番ロングホールでは2オンし、バーディーを奪いましたが、イーグルの黄重坤さんには1打及びませんでした。

“たら・れば”を言ってはいけませんが、あのOBがなければ、という結果になってしまいましたね。

ただ、石川遼くんはインタビューで手応えを感じていると仰っていましたので、次の試合での活躍を期待していいんじゃないでしょうか。

上位成績表(敬称略)
順位 スコア 氏名 
優勝 -15 黄 重坤(韓) 
2位 -14 石川 遼 
3位 -11 片山 晋呉 
4位T

-10

藤本 佳則
永野 竜太郎 
6位T

-9

B ジョーンズ(豪)
谷原 秀人 
8位 -8 崔 虎星(韓) 
9位T


-7


呉 阿順(中)
額賀 辰徳
手嶋 多一 



スポンサーリンク



この記事へのコメント