残念、武豊さん、大偉業達成ならず!

残念、武豊さん、大偉業達成ならず!

史上初となるJRA・平地G1全22レースの完全制覇を目指した武豊騎手の、大偉業達成はなりませんでした。

「朝日杯FS・G1」で圧倒的な1番人気に支持されたエアスピネルに騎乗した武豊騎手の大偉業達成を阻んだのは、ミルコ・デムーロ騎手騎乗のリオンディーズでした。

競馬は「ブラッドスポーツ(血のスポーツ)」と言われますが、今回の結果もそうなっちゃいましたね。

エアスピネルの父もリオンディーズの父もダービー馬のキングカメハメハです。

エアスピネルの母は秋華賞馬のエアメサイアで、リオンディーズの母は日米のオークス馬シーザリオです。

母馬同士はオークスで対戦しており、シーザリオが勝っています。

その子供同士の対戦で、シーザリオの仔がエアメサイアの仔を破る。

やっぱり血の因縁があるのかなぁと思ってしまいますね。

大偉業達成を阻んだミルコ・デムーロ騎手の「ユタカゴメンナサイ」というコメントが憎めないところがなんとも良いですね。










スポンサーリンク



この記事へのコメント