サンフレッチェ広島凄い!広州恒大を破ってクラブW杯3位に!

サンフレッチェ広島凄い!広州恒大を破ってクラブW杯3位に!

横浜国際総合競技場で行われた3位決定戦に臨んだサンフレッチェ広島は、アジア代表の広州恒大を2-1で見事に破り3位になりました。

何より見事だったのは監督の森保一(もりやすはじめ)さんの采配と、その采配に応えた選手でしょうね。

試合は開始早々、攻勢をかけてきた広州恒大の攻撃に押され、試合開始2分で先制を許してしまいます。

その後の攻勢に耐え、押し返してチャンスもつくって反撃し、0-1で前半を折り返します。

後半、広州恒大のスコラーリ監督が守備的な選手交代をしたのに対して、森保監督はトップの佐藤寿人選手に代えてドウグラス選手を、ミキッチ選手に代えて柏好文選手を、清水航平選手に代えて
佐々木翔選手を投入し、攻勢をかけました。

ドウグラス選手の前への突進力と柏選手のドリブル突破は守備的になった広州恒大に対して効果的でしたね。

後半途中からはサンフレッチェ広島のペースで試合が展開していたので、広州恒大が浮き足立っていましたね。

結果、2-1でアジアチャンピオンの広州恒大を破り、サンフレッチェ広島が世界3位に輝きました。

森保監督が「終戦70年で、ヒロシマのチームが頑張っていることに意味がある」というような意味のコメントをしておられたのには感動しました。

クラブW杯は世界180カ国に配信されているので、世界にヒロシマの頑張りが伝わったと思います。

潤沢な資金を使いブラジル代表やヨーロッパ代表の選手、監督を集めた広州恒大を、代表クラスが殆どいないサンフレッチェ広島が撃破するという、ある意味、下克上といえる試合でしたが、サンフレッチェ広島の底力を見て感動した試合でした。

サンフレッチェ広島、素晴らしい!










スポンサーリンク



この記事へのコメント