サッカー男子、リオデジャネイロオリンピックに王手!

サッカー男子、リオデジャネイロオリンピックに王手!

サッカー男子のリオデジャネイロオリンピック・アジア最終予選、準々決勝に臨んだ日本は延長戦でイランを降し、リオデジャネイロオリンピック出場にあと1勝と王手をかけました。


結果は3-0と圧勝のスコアですが、試合は非常に厳しい内容でしたね。

体格で勝るイランは、フィジカルを生かした力のサッカーで押してきました。

日本はパス回しで掻き回しましたが、最後のところで捕まってしまい、なかなかシュートまで持っていけませんでしたね。

一進一退を繰り返しながら延長へと突入していきましたが、イランはかなり疲労が溜まってきていたんだと思います。

延長前半の4分(公式記録は6分)、途中交代で出場したFW・豊川雄太選手が、DF・室屋成選手のクロスを頭で叩き込み、欲しかった先制点を挙げました。

豊川雄太選手の動きが良かったこともありますが、イランのDF陣は付いて来れずに豊川雄太選手はフリーになっていましたもんね。


追加点は延長後半の4分、MF・中島翔哉選手の見事な個人技で、早い切り返しと精度の高いシュートでのビューティフルゴールでした。

イランの190cmの長身GK・モハマドレザ・アクバル選手が目一杯伸びても届かない、右上のコーナーへの本当に素晴らしいゴールでしたが、この中島翔哉選手のゴールにしても、イランのDFが中島翔哉選手の動きに付いて来れずに振り切られていて、中島翔哉選手は冷静にシュートを打てました。

止めの3点目も中島翔哉選手のファインゴールでしたが、2点目のゴールのリプレイかと思わせるくらいの見事なゴールでした。


予選の3試合では、いつもの中島翔哉選手の活躍が見られなかったので、少し心配していたのですが杞憂に終わりましたね。

準決勝、決勝へと快進撃を続けていって欲しいです!

がんばれ日本!










スポンサーリンク



この記事へのコメント