迷い犬をケージに入れようとすると…

迷い犬をケージに入れようとすると…


ミニ事件簿の記事に迷い犬のことが書かれていたのですが、最近は物騒な事件や事故のニュースが多いので、迷い犬が人を噛んでしまったかと心配しながら読みました。


内容は…


『先日夜、大分市内のスーパーマーケット利用客から「店の駐車場に犬がいる」と大分東署に通報があり、現場へ向かった。そこにいたのは、首輪を着けたゴールデンレトリバー。飼い主が近くにいないので、署で預かることにした。とてもおとなしく、暴れたりほえたりしない。パトカーに乗せて署に戻り、動物用のケージに入れようとした。ところが様子一変、犬はケージに入るのを嫌がり抵抗。かわいそうだとは思ったが、逃げられると困るので署員3人掛かりで押し込んだ。その結果、3人の制服は犬の毛だらけに。粘着テープで毛を取りつつ「やっぱり自分のおうちがいいのかな」と署員ら。』


です。


途中、

「ところが様子一変、犬はケージに入るのを嫌がり抵抗…」とあり、どんな大変なことが起こったのだろうと心配していると…

「署員3人の制服は犬の毛だらけに」

です!


制服が犬の毛だらけになった署員さんは大変だったでしょうが、粘着テープで毛を取りながら「やっぱり自分のおうちがいいのかな」と話している署員さんの姿を想像しながら、なんかほのぼのするニュースだなぁと感じたものです。










スポンサーリンク



この記事へのコメント