三連覇は難しい。コパノリッキーは7着!

三連覇は難しい。コパノリッキーは7着!

昨日の日曜日に行われたG1レース『フェブラリーS』で、史上初のJRA・平地G1の3連覇を狙った武豊J騎乗のコパノリッキーは7着に敗れてしまい、史上初の3連覇という快挙は達成されませんでした。


やっぱり3連覇は難しいですねぇ。

考えてみれば、同一G1レースに3年連続で出走できる事だけでも凄い事なんですから、ましてや3連覇ともなれば言わずもがなですね。


出走メンバーに、コパノリッキーと同型の先行馬が多かったので、コパノリッキーにとっては厳しい展開になるだろうとは思っていましたが、やはり、先行争いが激しく、上がりの勝負になりましたね。


そんな中、優勝したM・デムーロJ騎乗のモーリスは、4番手という位置から直線で早めに先頭に立ち、そのまま押し切っての勝利ですから、強い競馬だったなぁ~と思います。

流石、デムーロさん!


1番人気のルメールJ騎乗のノンコノユメの夢は2着に散ってしまいましたね。

直線半ばまで後方にいたので、流石のノンコノユメでも届かないと思いましたが、最後の100mの凄い脚は痺れましたね。

一瞬、芝で走っている? と勘違いするほど、ダートで走っているとは思えないくらいの追い込みでしたね。


12月の『チャンピオンズカップ』でも、モーリスとノンコノユメの激しい争いが見られるんじゃないでしょうか。

楽しみです!










スポンサーリンク



この記事へのコメント