なでしこ厳しい!リオデジャネイロ五輪アジア最終予選の対韓国戦

なでしこ厳しい!

サッカー女子・リオデジャネイロ五輪アジア最終予選の対韓国戦は1-1のドローとなってしまいました。

厳しいですねぇ。

まんまと韓国の術中に嵌まってしまったようにも感じてしまいますね。

放ったシュート数では韓国を圧倒していますが、最後の最後で韓国に蓋をされてしまったというか、日本の詰めが甘いというか。

韓国の中盤でのチェックは甘く、先日対戦したオーストラリアに比べて、今日のなでしこは自由に持たせてもらえていたと思います。

その状況下で、得点は岩渕真奈さんの1点だけというのはいただけませんね。

韓国は引き分けでも良いという試合運びだったのかな?と考えると、試合内容にも合点がいくような気がします。


GKの福元美穂さんがPKを止めたり、岩渕真奈さんのファインゴールがあったり、なでしこにも良い点が幾つもあっただけに、勝ち切れなかったのは悔やまれますね。


しかし、下を向いていても仕方ありません。

佐々木則夫監督が仰っているように、他力本願にはなってしまいますが、可能性が無くなった訳ではないので、残りの3試合を全勝して天命を待とうではありませんか。

がんばれ、なでしこ!










スポンサーリンク



この記事へのコメント