中国は強いなぁ~。卓球男女とも金はならずです。卓球世界選手権団体戦

中国は強いなぁ~。卓球男女とも金はならずです。

男女ともに決勝に進んだ日本の卓球チームでしたが、男女とも0-3のストレート負けでした。

世界選手権団体戦の最終日、世界ランク2位の日本女子は1位の中国に対して肉薄しましたが、結果的には0-3のストレートで負けてしまいました。残念。

特に、2番手で登場した石川佳純ちゃんは最初から鋭い攻めがさえわたり、2ゲームを先取した後の逆転負けだけに悔しいですね。

福原愛ちゃんは、世界ランク1位の劉詩ブンさんに対して意地をみせて、第3ゲームには粘りましたが、残念ながら敗れてしまいました。

3番手の伊藤美誠ちゃんは、世界女王の丁寧さんに対して第1ゲームを先取しましたが、第2ゲーム以降は丁寧さんの多彩な攻めに翻弄されて、3連続で奪われてしまい敗れました。


世界ランク3位の日本男子の1番手は、エース水谷隼さんでしたが、ストレート負け。

2番手の吉村真晴さんも1ゲームも奪えず、3番手の大島祐哉さんは1ゲームを奪ったものの敗れてしまいました。


中国は本当に強いですね。

流れ一つで、日本の男女ともに勝つチャンスはあったんじゃないかとは思いますが、その差というのが大きいのかなぁとも思いますね。


しかし、男女とも世界のトップの試合は、観ると興奮するというか感動するというか、いつも大きな声を出しての観戦になりますね。

私は石川佳純ちゃんの試合での表情が大好きで、なんだか武士のように感じます。

次回こそ世界一!

がんばれ日本!










スポンサーリンク



この記事へのコメント