最終、北朝鮮戦は良い試合でしたね。サッカー女子・リオデジャネイロ五輪アジア最終予選北朝鮮戦

最終、北朝鮮戦は良い試合でしたね。

サッカー女子・リオデジャネイロ五輪アジア最終予選の最終戦となった北朝鮮との試合は、なでしこらしい粘りのある内容で、1-0での勝利となりました。

ボールに対する執着心があり、球際の強さもありましたし、何より、相手よりも少しでも早く前に出るという負けない気持ちが伝わってきました。


こんな試合ができるなでしこなのに、オリンピックに行けないのは本当に残念です。


私は、初戦がオーストラリアだったことが、今大会でのなでしこにとっては不運だったように感じています。

初戦のオーストラリア戦で、圧倒されてしまったことでリズムが狂ってしまったのか、なんだか浮き足立った状態で、韓国に勝ちきれずに引き分け。

そして、中国には負けてしまいました。

ベトナムには6点を取って勝ちましたが、単純なミスがなければ、あと3点は取れていた試合です。

初戦のオーストラリア戦に負けたことは仕方がないのですが、内容を引きずってしまい、2試合目以降、平常心で試合に臨めなかったように思います。


次の監督には、現U-20(20歳以下)女子日本代表・高倉麻子監督の名前が上がっています。

佐々木則夫監督が退任されるのは残念ですが、今後のなでしこジャパンの活躍を期待して応援したいと思います!










スポンサーリンク



この記事へのコメント