今日は菜虫化蝶(なむしちょうとけす)??

今日は菜虫化蝶(なむしちょうとけす)??


菜虫化蝶は「なむしちょうとけす」または「なむしちょうとなる」と読みます。

菜虫化蝶は七十二候の一つ、二十四節気の啓蟄(けいちつ)の末候にあたり、3月15日~3月19日ごろに相当するそうです。

意味は「青虫が羽化して紋白蝶になる」ということで、寒い日が続きますが春はどんどん進んでいますよということでしょうかね。


ご存知の方も多いと思いますが、啓蟄(けいちつ)は冬ごもりをしていた虫が穴から出てくることをいい、今年は3月5日でした。


また、啓蟄の初候、3月5日~9日ごろを蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)と言い、「冬蘢りの虫が出て来る」という意味で、3月10日~3月14日ごろに相当する次候は桃始笑(ももはじめてさく)と言い、「桃の花が咲き始める」といった意味になるそうです。



昔の人は上手いこと言ったものですね。

冬ごもりをしていた虫が穴から出てきて(啓蟄(けいちつ))、青虫が羽化して紋白蝶になり(菜虫化蝶(なむしちょうとけす))、桃の花が咲き始める(桃始笑(ももはじめてさく))と聞けば、今はまだ寒いけれども、暖かい日はもうすぐそこまで来ていると感じることができますもんね。


週末にかけては気温が上がり、4月上旬並みの気温になるそうですね。

ただ、天気は崩れそうなのですが…。

花粉症の私にとっては、天気が崩れて雨になってくれたほうが、幾分症状がましになるので有り難いですね。

今年は、私は頭痛、頭重の症状がきついかなぁ~。

辛いです。


花粉症で苦しんでいる皆さん、もう少しの辛抱ですね。

でも、春先だけでなく年中苦しんでいる方もいますもんね。

私は春先だけなので恵まれていますね。

もう少しの辛抱と思って頑張ります。










スポンサーリンク



この記事へのコメント