白熱!準決勝! 第88回選抜高校野球大会、第10日の結果と第11日の予定

白熱!準決勝! 第88回選抜高校野球大会、第10日の結果と第11日の予定

第10日 3月30日(水) 準決勝
第1試合   
智弁学園(奈良) 2 - 1 龍谷大平安(京都)
第2試合   
秀岳館(熊本) 2 - 4 高松商(香川) 

第11日 3月31日(木) 決勝
智弁学園(奈良)

12:30
開始予定 
高松商(香川)


準決勝の2試合は、いづれも手に汗握る投手戦で、共に劇的な幕切れが待っていました。

第1試合は智弁学園の村上頌樹投手と龍谷大平安の市岡奏馬投手の投げあいとなり、1点差で9回裏の智弁学園の攻撃を迎えます。

それまで智弁学園の攻撃を無失点で抑えてきた龍谷大平安バッテリーでしたが、1アウトから4連打を打たれサヨナラ負けとなってしまいました。

第2試合は秀岳館の堀江航平投手、有村大誠投手と高松商の浦大輝投手による投手戦となり、試合は延長戦にもつれ込みました。

延長11回表、高松商は秀岳館の失策にヒット3本を絡めて2点を奪い勝負を決めました。

準決勝の2試合も、本当に見応えのある熱戦でしたね。


決勝は、智弁学園と高松商という古豪同士の対戦となりました。

どんな結末が待っているのか、楽しみにしたいと思います!











スポンサーリンク



この記事へのコメント