1型糖尿病の患者さんに朗報です! 豚の細胞で改善。

1型糖尿病の患者さんに朗報です! 豚の細胞で改善。


大塚製薬工場(本社・徳島県鳴門市)は、糖尿病治療のため、豚の膵島(すいとう)をカプセルに封入して移植する臨床研究をアルゼンチンで患者4人に実施し、全員の血糖を下げられたことを明らかにしました。


臨床研究を実施したのは、大塚製薬がニュージーランドのバイオベンチャーと現地に設立した合弁会社で、同社は豚の膵島から分泌されるインスリンの構造や機能が人とほぼ同じであることに着目。

豚の膵臓から採取した膵島を直径0・5ミリの特殊な素材のカプセルで覆い、免疫拒絶反応を起こさず、インスリンがしみ出るように加工。

これを患者4人に体重1キロあたり2万個を2回に分けて点滴で腹部に移植しました。

豚のウイルスなどが人へ感染するのを防ぐため、無菌の清潔な環境で飼育した豚の間に生まれた子供の豚を移植に使ったそうです。


その結果、血糖の状態を示すヘモグロビンA1cは4人全員で下がり、平均値では2年以上にわたり糖尿病治療の目標となる7%未満を維持、3人はインスリン注射の量を減らすことができ、重い健康被害は起きなかったそうです。


1型糖尿病と2型糖尿病では起こる原因がまったく異なるのですが、治療は2型糖尿病の患者さん同様、インスリンを注射する治療が行われ、効き過ぎると、低血糖で意識障害を引き起こすという危険を孕んでいます。



1型糖尿病の場合、過食や運動不足などの生活習慣が発症に関係する2型糖尿病と異なり、生活習慣は関係せず、膵β細胞の破壊によるインスリン欠乏が原因となります。


私の友人にも1型糖尿病の人がいて、糖尿病=生活習慣病と思っている人(そう思っている人が多数なんじゃないないかな?)から、食べ過ぎだの、運動不足だのと揶揄されて、困惑していました。

1型糖尿病への理解が進むことを望みます。



国内では、人の脳死提供者からの膵島の移植も行われていますが、提供者不足で実施は年数件にとどまるそうです。

また、iPS細胞(人工多能性幹細胞)からインスリンを出す細胞を作る研究は、臨床応用まで、まだ数年以上かかる見通しだそうで、今回の成果は、1型糖尿病の人にとっては希望の光になりますね。










スポンサーリンク



この記事へのコメント