松山英樹くんはトップと2打差で3位タイ!『マスターズ2016』3日目

松山英樹くんはトップと2打差で3位タイ!

アメリカ・ジョージア州のオーガスタナショナルGC(7435ヤード パー72)で開幕した海外男子ゴルフ、今季最初のメジャー大会『マスターズ2016』の3日目も強風の中でのラウンドとなり、全選手スコアメイクに苦戦しました。


トップからのスタートだったジョーダン・スピースさん(米)は、1オーバーのラウンドでトータルを3アンダーに落としましたが、以前トップをキープして3日目を終えました。

ジョーダン・スピースさんはショットが荒れていましたし、ダブルボギーが2つあるにも関わらず、終わってみるとトップをキープしているというところが、強運というかなんというか、マスターズとの相性の良さなのでしょうか。

ただ、上がりの2ホールともティーショットを右に大きく曲げ、17番ホールがボギー、最終18番ホールがダブルボギーというのは、解説の中島常幸さんも仰っていましたが、ジョーダン・スピースさんの明日のゴルフに影響が残るかもしれませんね。


2位からのスタートだったロリー・マキロイさん(北アイルランド)は、スコアを5つ落として順位は11位タイまで落ちてしまいました。


そして、松山英樹くんはバーディ先行のラウンドで、一時は3アンダーまでスコアを伸ばしましたが、後半にボギーが2つ来てしまい、結果イーブンパーでのラウンドで、トータルスコアは初日と変わらず1アンダーのままでしたが、順位は3位タイまで上がり、トップのジョーダン・スピースさんとは2打差と、十分に優勝を狙える位置につけて最終日を迎えることになりました。

悲願のメジャー初優勝が実現する予感がプンプンしてきましたね!

松山英樹くん、頑張れ!


5位タイには世界ランク1位のジェイソン・デイさん(豪)も浮上してきています。

トップのジョーダン・スピースさんから5打差以内に12人が犇く混戦を制するのは誰になるのか?

明日も寝不足を覚悟しなければいけません。

上位成績表(敬称略)
順位 スコア 氏名 
1位 -3 ジョーダン スピース(米) 
2位 -2 スマイル カウフマン(米) 
3位T

-1

ベルンハルト ランガー(独)
松山 英樹 
5位T


E


ジェイソン デイ(豪)
ダスティン ジョンソン(米)
ダニー ウィレット(イングランド) 
8位T +1 ブラント スネデカー(米)他 
11位T+2 ロリー マキロイ(北アイルランド)他



スポンサーリンク



この記事へのコメント