「核のない世界」へ…。G7「広島宣言」

「核のない世界」へ…。G7「広島宣言」

G7・主要7カ国の外相が集まり、広島市の平和記念公園を訪れましたね。

「広島宣言」を読むと色々と思うところもあり、「核兵器の非人道性」という文言が見送られ、核保有国と非保有国の溝が浮き彫りにはなりましたが、広島と長崎に原爆を落とした国、アメリカのケリー国務長官が平和記念公園を訪れたということは、核廃絶へ向けた大きな一歩だと信じたいですね。

核廃絶が夢物語とならない為にも、私はオバマ大統領の広島と長崎訪問を希望します。

ケリー国務長官もオバマ大統領も広島を訪問すべきだと仰っているようですが、オバマ大統領は「核なき世界」を訴え、ノーベル平和賞を受賞しているわけですから、核による被害がどれほど甚大な、非情な、悲惨なものなのかということを、広島や長崎を訪問して、私も広島と長崎の両方を訪問して感じたように、頭ではなく肌で感じて欲しいと思いますね。


「広島宣言」の最後に、政治指導者の広島と長崎の訪問を希望するとありますが、世界中の指導者の訪問が叶ったならば、核廃絶は必ずや実現すると信じたいです。










スポンサーリンク



この記事へのコメント