今日4月29日は「昭和の日」ですね。


今日4月29日は「昭和の日」ですね。


30代後半以上の人であれば、「天皇誕生日」と言った方が馴染みがあるかもしれませんね。

私も4月29日は「天皇誕生日」という感覚が残っています。


ただ、私の誕生日は12月23日で、現在の「天皇誕生日」なので、今ではすっかり「天皇誕生日」は12月23日という感覚が定着しています。


私と違い、4月29日は「みどりの日」という感覚の方も多いかもしれません。

「みどりの日」は現在は5月4日に移動していますね。



なぜ、「天皇誕生日」から「みどりの日」、そして「昭和の日」へと変わっていったのか?


昭和64年1月に昭和天皇が崩御され、平成元年には「天皇誕生日」から「みどりの日」となりました。

昭和天皇が崩御された昭和64年は1月の7日までで、8日からは平成元年となり、西暦では1989年の出来事になります。


では、なぜ「みどりの日」という名称になったのかというと、昭和天皇は「全国植樹祭」にも必ずご臨席になり、ご自身の手により植樹をされるなど、自然をこよなく愛されていたので、「みどりの日」となりました。


その後、平成17年に国会で「国民の祝日に関する法律」(祝日法)が改正され、平成19年(2007)より「昭和の日」とすることになりました。

「昭和の日」という呼称には、多くの国民の要望があったそうです。

私はあまり記憶がないのですが…



昔、祝日にはほとんどの家が玄関に日の丸の旗を掲げたものですが、今では見かけることがすっかり減ってしまいましたね。

日の丸については賛否両論ありますが、今日、市バスに日の丸旗がはためいているのを見て嬉しくなった私です。










スポンサーリンク



この記事へのコメント