U―23日本代表、仮想ナイジェリアのガーナに快勝!


U―23日本代表、仮想ナイジェリアのガーナに快勝!

熊本地震の被災地復興支援チャリティーマッチを兼ねたサッカーの国際親善試合で、ガーナA代表と対戦したU―23日本代表は、MF矢島慎也くんの2ゴールとFW富樫敬真くんのゴールで3得点を挙げ、守備ではガーナの攻撃を無失点で抑え、3-0で快勝しました。


ガーナはベストメンバーでは無いとはいえA代表ですから、仮想ナイジェリアとしては申し分ない相手だったと思います。


得点は3点とも前半でした。

ガーナのチェックが甘くマークが外れていたとはいえ、MF矢島慎也くん、FW富樫敬真くんのいずれの得点も、ファインゴールだったと思います。


まず、MF矢島慎也くんの2ゴールですが、1得点目は前半11分、左サイドで受けたグラウンダーのパスをゴール右隅に突き刺し先制。

2得点目は前半15分、DF伊東幸敏くんの右クロスを右足ボレーで見事に決めました。


FW富樫敬真くんの得点は、ガーナのゴール前での混戦から出てきたボールをワントラップして、キーパーやガーナDFの位置を確認し、冷静にループシュートで決めました。


ガーナのマークが甘く、フリーでのシュートだったのですが、3得点とも質の高いゴールでした。


ただ、後半のガーナはマークの位置を修正してきて、チェックが厳しくなったことと、日本の攻撃が中へ集まり気味だったこともあり、追加点を奪うことが出来なかったことは反省点かもしれませんが、守備陣は無失点で試合を終えることができたので、全体としては及第点をもらえる試合だったと思います。



試合後のインタビューで、手倉森誠監督が「自分で自分の首を絞めて」と仰っていたように、出る選手の多くが活躍していて、本番での選手選考には頭を悩ませなければならない状態で、俗に言う“嬉しい悲鳴”というやつですね。


オーバーエージ(OA)枠の採用には、所属クラブとの兼ね合いから海外組は難しいとか、国内組もどうかというような話が流れてきていますが、今日の試合を見れば、OA枠は採用しなくてもいいんじゃないかと、私は思うんですがねぇ。

皆さんはどうですか?










スポンサーリンク



この記事へのコメント