ブタから人への移植容認です!


ブタから人への移植容認です!


以前、糖尿病治療のために、豚の膵島(すいとう)をカプセルに封入して移植する治療が成果を挙げているということを、記事『1型糖尿病の患者さんに朗報です! 豚の細胞で改善。』に書きました。

厚生労働省の研究班は27日、その治療法であるブタからの移植を容認する方針を、厚労省審議会部会に報告し、了承されました。

海外の移植で感染が確認されていないということで、従来の指針を改定するということです。


1型糖尿病の患者さん、良かったですね!


動物の臓器や細胞を人に移植する事を「異種移植」といい、人からの臓器や細胞の提供不足を補う手段として検討されています。

海外では1型糖尿病患者さんへのブタの膵島細胞移植が行われており、国内にも数年以内の実施を目指すグループがあるそうです。


ただ、海外の移植で感染が確認されていないとはいえ、新たな指針では、ウイルスの組み込みが少ないブタを選ぶことや、移植を受けた患者さんらの健康状態を生涯にわたって調べ、新たな感染症が生じた場合に見逃さないようにすることを求める、となっているそうで、手放しで喜べる訳ではないのですが、1型糖尿病の患者さんにとっては喜ばしい一歩だと思います。











スポンサーリンク



この記事へのコメント