第83代ダービー馬はマカヒキ!


第83代ダービー馬はマカヒキ!

0002derby.jpg

29日、東京競馬場で行われた第83回日本ダービー・G1は、皐月賞2着のマカヒキが同3着のサトノダイヤモンドとの叩き合いを鼻差で制し、3歳馬6913頭の頂点に立ちました。

皐月賞馬のディーマジェスティは1番人気でしたが3着に敗れました。


いやぁ~、良いレースでしたねぇ~。

最後の直線での叩き合いは痺れました。

ともに素晴らしい末脚でしたね。


勝ったマカヒキ、鼻差で敗れたサトノダイヤモンド、3着のディーマジェスティ、4着のエアスピネル、5着のリオンディーズまでが皐月賞と同じ上位5頭で、順位が入れ替わっただけという結果で、別路線組は食い込むことができませんでしたね。

この5頭は、今後も熾烈な争いを繰り広げていきそうな気がします。



デビュー13年目にして、ダービー初制覇を果たした川田将雅騎手が、スタンド前をウイニングランしている際に涙を浮かべている姿も感動的でした。

普段、川田騎手はクールにコメントしている姿をよく見かけているので、馬上で涙している姿は意外であり、しかし、それがダービージョッキーの重みなのでしょうね。

川田騎手、おめでとうございます!


川田騎手は、08年にキャプテントゥーレで皐月賞を、10年にはビッグウィークで菊花賞を、12年にはジェンティルドンナでオークスを、14年にはハープスターで桜花賞を制しており、今回のダービー制覇により、史上8人目となるクラシック完全制覇達成となり、快挙達成でのダービージョッキーへの仲間入りとなりましたね。


私の本命はサトノダイヤモンドだったので、最後の直線では大声を出して応援しましたが、鼻差届かず残念でした。

しかし、人気馬が実力を発揮しての好レースに大興奮で、本当に満足したダービー観戦となりました。











スポンサーリンク



この記事へのコメント