トゥーロン国際大会2016の結果をどう見ますか?


トゥーロン国際大会2016の結果をどう見ますか?


イングランドの優勝で幕を降ろしたトゥーロン国際大会2016ですが、日本は1勝3敗での予選敗退という結果に終わりました。

皆さんは、この結果をどう見ますか?


私の見立てはというと…


リオデジャネイロオリンピックに向けて良い経験ができた、というところかなと思っています。

初戦のパラグアイ戦、2戦目のポルトガル戦の2敗に関しては、相手の方がほんの少し上手だったと思っています。

パラグアイは強(したた)かで、ポルトガルは上手いといったところでしょうか。

ギニアは個の力のみで、チームとしての戦いではありませんでした。


それに引き換え、イングランドは他のチームとは次元が違いましたね。

スピードにテクニック、何よりもゴールに向かう意志の強さが漲っていましたね。

野津田岳人くんのシュートがバーを叩いて入らなかったりして、日本に運がなかったとも言えますが、100%の力できていないイングランドに負けてしまったのは残念ですね。

試合後のインタビューで、植田直通くんが顔を紅潮させて、「失点を抑えること」と、チームとして「もっと得点を取るという姿勢を持たなければいけない」と、悔しい気持ちを伝えていたのが印象的でした。



1勝3敗という結果も残念ですが、それにもまして、今の怪我人の多さは一大事です。

8月のリオデジャネイロオリンピック本番には、全員が復帰してくれていることを切に望みます!











スポンサーリンク



この記事へのコメント