高倉なでしこジャパン、上々発進!


高倉なでしこジャパン、上々発進!


高倉麻子新監督になっての初戦となる、アメリカとの国際親善試合は3-3の引き分けとなりました。

アメリカはFIFAランク1位の強豪国ですから、同7位の日本にとっては引き分けという結果、そしてその内容は上々でしたね。


得点者は、前半14分にFW岩渕真奈選手が先制点、同22分にFW大儀見優季選手が追加点で2-0とリードしましたが、アメリカFWアレックス・モーガン選手に2点を決められ、後半の44分にはFWリンジー・ホラン選手に勝ち越し点を決められてしまいます。

しかし、日本は驚異の粘りを発揮、後半12分には大儀見選手が2枚目のイエローカードで退場となり数的不利となっていましたが、ロスタイムに途中出場のFW横山久美選手が同点弾を叩き込みドローに持ち込みました。


まさに驚異の粘りですよね!

高倉新監督の采配が功を奏したと思います。


それから、個人的には、澤穂希さんに“ 凄い選手 ”と言わしめた岩渕真奈さんが得点したというのも嬉しいニュースです!


今後の高倉なでしこジャパンに、大いに期待ができる結果だったと思います!

高倉なでしこジャパン、頑張れ~!










スポンサーリンク



この記事へのコメント