ダスティン・ジョンソンさん、リベンジで悲願達成!『第116回 全米オープン2016』結果


ダスティン・ジョンソンさん、リベンジで悲願達成!

アメリカ・ペンシルバニアのオークモントCC(7219ヤード パー70)で開催された『第116回 全米オープン2016』は、ダスティン・ジョンソンさん(米)が昨年のリベンジを果たし、悲願のメジャー初制覇を達成しました。

ダスティン・ジョンソンさん、おめでとうございます!


昨年の全米オープン、ダスティン・ジョンソンさんは優勝に手が届くというか、手にしていた優勝から手を離してしまったというか、最終ホールの3パットには胸が塞がる思いがしましたね。

最終18番ロングホールで、ダスティン・ジョンソンさんがピン奥1メートル半に2オンした時には、誰もが逆転での優勝を想像していたでしょうが、昨年の記事『全米オープン結果&観戦記』にも書いたように、乗った位置が悪かったですね。

距離は1メートル半と短いですが、下りのスライスラインでした。

神様の悪戯としか言いようの無い出来事でした。


そういう意味では、今年の神様はダスティン・ジョンソンさんに微笑んでいたのかもしれませんね。

悪天候の為にサスペンデットがあり、4日間を通してラウンドが入り乱れる変則日程となってしまいましたし、雨の為にグリーンの速さが大きく変わってしまいました。

その影響だけとは決して言えませんが、ロリー・マキロイさん(北アイルランド)やリッキー・ファウラーさん(米)、フィル・ミケルソンさん(米)に松山英樹くんまでが予選落ちとなってしまいました。

しかも、世界ランク1位のジェイソン・デイさん(豪)やランク2位のジョーダン・スピースさんの調子がいまいちだったということも、最終ラウンドのダスティン・ジョンソンさんを楽にしていた要因といえるんじゃないでしょうか。

最終日、最終組でスタートする、トップのシェーン・ローリーさん(愛)は世界ランク41位、2位タイスタートのアンドリュー・ランドリーさん(米)はランク624位と、ダスティン・ジョンソンさんにとってはかなりの格下です。(お二人さん、ごめんなさい)

その組み合わせの妙も、少なからず影響したんじゃないかと思います。


しかし、色々な条件が組み合わさって、結果が出るのがゴルフの面白いところでもあります。

そのシチュエーションの中で優勝を勝ち取ったダスティン・ジョンソンさんは素晴らしいです。


勝負を決めたのは16番ホールのパーパットじゃないでしょうか。

ダスティン・ジョンソンさんはパットを決めた後、何度もガッツポーズを繰り返していましたから、ここが勝負どころと感じていたんでしょうね。


17番ホールでの“ DJ (ダスティン・ジョンソン)”コールは凄かったですね。

ダスティン・ジョンソンさんのファンの多さがわかります。


その声に後押しされてか、最終18番ホールのティショットもセカンドショットも素晴らしいボールでしたね。

セカンドショットはピン奥1メートル弱にピタリと寄ったんですが、鳥肌が立つようなファインショットでした。

ウイニングパットを決めたダスティン・ジョンソンさんは、冷静に見えましたが動転していたんでしょうか、同伴競技者のリー・ウェストウッドさん(イングランド)と握手をせずに家族の元に歩んでいってしまいましたからね。

昨年のことがあっての今年の優勝、しかも、今年はホールアウト後に、5番ホールでのグリーン上でのプレイ(アドレスした際にボールが動いたと判定)により、ペナルティが1打加えられるというアクシデントがありました。

画面を見ている限りでは、あれでペナルティは気の毒としか言いようの無い感じでしたね。


現に、ジョーダン・スピースさんやロリー・マキロイさん、リッキー・ファウラーさんやタイガー・ウッズさんも判定に異を唱えています。

2位との差が4打差(最終的には3打差)あったから良いようなものの、もし同スコアや1打差だったらどうなっていたのでしょうか?

しかも、5番ホールでの出来事の判定が、ホールアウト後というのは疑問符が付きますね。



解説の青木功さんが、「苦労して獲得したタイトルの方が値打ちがある」と仰っていましたが、ダスティン・ジョンソンさんにとっては、本当に値打ちのあるメジャータイトルになったのではないでしょうかね。


日本勢では、宮里優作さんと谷原秀人さんの二人が予選通過となり、宮里優作さんが23位タイフィニッシュ、谷原秀人さんは51位タイフィニッシュと優勝争いには絡めませんでしたが、宮里優作さんはミドルホールでの2度のイーグルと見せ場を作り、アメリカの放送でも何度もスーパープレイとして放送されていましたね。

カップイン後のヒメネスダンスならぬ“ 優作ダンス ”は、とても印象に残りました。

きっと世界中でも有名になったんじゃないかなぁ~と思いますよ。

宮里3兄弟(聖、優作、藍)は、三人とも大好きなので、今後の活躍を楽しみにしたいと思います!


上位&日本選手成績表(敬称略)
順位 スコア 氏名 
優勝 -4 ダスティン ジョンソン(米)
2位T


-1


シェーン ローリー(愛)
スコット ピアシー(米)
ジム フューリク(米) 
5位T

 E

ブランデン グレイス(南ア)
セルヒオ ガルシア(西) 
7位 +1 ケビン ナ(米) 
8位T



+2



ダニエル サマーヘイズ(米)
ジェイソン デイ(豪)
ザック ジョンソン(米)
ジェイソン ダフナー(米) 
23位T+7 宮里 優作 他 
51位T+12谷原 秀人 他 




スポンサーリンク



この記事へのコメント