残念!クラシック2冠馬ドゥラメンテが引退です!


残念!クラシック2冠馬ドゥラメンテが引退です!

0009duramente.jpg

先日の宝塚記念のレース直後、ミルコ・デムーロ騎手が下馬し馬運車に乗せられ、故障の程度を心配されていたドゥラメンテですが、左前肢ハ行が明らかになり、経過を観察した結果、獣医師から競走能力喪失の診断が下されました。


左前肢ハ行の原因は、複数の靱帯・腱の損傷で、競走馬としての復帰は難しく、今後は種牡馬になる予定だそうです。


サンデーレーシング代表の吉田俊介さんは「レース直後に馬運車に乗せられた時、予後不良という最悪の事態も想定しました。競走馬としては無理だけど、種牡馬にするメドは立ちました。素晴らしい血統で種牡馬入りは義務だと思っていました。まだ痛みがあるので、ノーザンファームしがらきで様子を見ることになると思います」とコメントしておられます。



残念ですねぇ。

凱旋門賞での活躍を期待していたんですけどねぇ。

もっと言えば、昨年、3歳の時に凱旋門賞に出れていれば優勝できたんじゃないか!と思ってしまいますが、怪我には勝てませんものねぇ。

ほんと、残念です。

ドゥラメンテには、種牡馬として活躍し、凱旋門賞馬の父になれるように頑張ってほしいと思います!











スポンサーリンク



この記事へのコメント