”緑の紫陽花(アジサイ)”はレッドカード!


”緑の紫陽花(アジサイ)”はレッドカード!


紫陽花の季節といえば梅雨時ですが、雨に濡れている紫陽花の花というのは風情がありますね。

私の苦手な梅雨ではあるのですが、紫陽花の花を見ていると癒されます。



紫陽花の花の色といえば?

青? 紫? ピンク? 白?



紫陽花の花の色が、土壌の酸度(pH)によって決まるということをご存知ですか?


ご存知の方も多いと思いますが、簡単にご説明しますと…


紫陽花の花の色は、アントシアニン系色素がはたらいて、青色やピンク色が発色するのですが、青色は、土中のアルミニウムが吸収され、色素と結合して発色し、逆に、アルミニウムが吸収されないと、ピンク色が発色します。


アルミニウムは酸性土壌でよく溶け、アルカリ土壌では溶けないので、土を酸性にすれば青色になり、中性~弱アルカリ性の土壌ではピンク色になります。


中には土壌に関係なく両方の色にきれいに発色する品種もあるのですが、ほとんどは青花系品種を中性~弱アルカリ性に近い土に植えてしまうと、赤みを帯びた紫色になり、ピンク花系品種は、酸性土壌に植えてしまうと、青みを帯びた紫色になります。


ですので、青花系品種は酸性土壌に植え、ピンク花系品種は中性~弱アルカリ性土壌に植えれば、鮮やかな青色やピンク色の花が咲くという事になります。


また、白花系は色素を持たない品種なので、酸性・アルカリ性どちらの土でも発色しません。


それから、花の中の色素が少しずつ分解されておこる老化現象によっても色が変わることがあるそうです。


また、同じ株でも部分によって花の色が違うのは、根から送られてくるアルミニウムの量に差があるためだそうです。



さて、ここで表題の”緑の紫陽花”です。


健康な紫陽花も、花の時期が終わりに近づくと、萼(がく)の部分が薄い緑色になり、それは問題ないのですが、病気により緑色になることがあり問題なのです。


病気の名前は「葉化病」で、この病気にかかった紫陽花は、花を構成する萼が緑色に変色して葉っぱのように厚くなり、症状が現れて数年後には株が衰弱して枯れてしまいます。

「葉化病」は、ヨコバイなどの昆虫が媒介するファイトプラズマという微生物によって引き起こされ、剪定(せんてい)などで使うはさみを通して感染することもあるので、知らない間に感染を広めていることがあり注意が必要なのです。

今のところこの病気を治す方法はなく、伝染病であることから、他への感染を防ぐために速やかに感染した株と周囲の株を除去することが最良とされています。



皆さん、”緑の紫陽花”にはご注意を!










スポンサーリンク



この記事へのコメント