渡邉彩香さん、痛恨の池ポチャ…。ブリタニー・ラングさん、メジャー初制覇!『全米女子オープン2016』結果


渡邉彩香さん、痛恨の池ポチャ…。ブリタニー・ラングさん、メジャー初制覇!


アメリカ・カリフォルニア州のコーデバルGC(6784ヤード パー72)で開催されたメジャー『全米女子オープン2016』は、6アンダーで並んだブリタニー・ラングさん(米)とアンナ・ノードクイストさん(スウェーデン)の、二人によるプレイオフの結果、ブリタニー・ラングさんがメジャー初優勝を果たし、ツアー2勝目を、メジャー初制覇で飾りました。

ブリタニー・ラングさん、おめでとうございます!


試合はリディア・コさん(ニュージーランド)や、パク・ソンヒョンさん、エイミー・ヤンさん、ジ・ウンヒさんの韓国勢がスコアを崩す中、ブリタニー・ラングさんとアンナ・ノードクイストさんがスコアを伸ばし、6アンダーでのプレイオフとなりました。

プレイオフは16番からの3ホールのストロークプレーで行われ、イーブンとしたブリタニー・ラングさんが3オーバーとしたアンナ・ノードクイストさんを下しました。



リオデジャネイロ五輪の代表権を目指していた渡邉彩香さんは、イーブンパーの20位タイからスタートした最終日、「76」とスコアを落とし、通算4オーバーの38位タイでフィニッシュし、今大会を予選落ちした大山志保さんを、世界ランクで上回ることが出来ず、代表権の獲得を逃しました。


勝負を賭けた最終18番ホール(パー5)の第3打、ピンまでは残り65ヤード。

ウェッジで慎重に放った一打は無情にもグリーンエッジから転がりボールは手前の池に落ちてしまいました。


ホールアウト後のインタビューは涙、涙でしたね。

しかし、最後には涙を拭いて「リオに行けないのは残念ですけど、きっとこれは4年後のオリンピックの争いに活きると思う。この悔しさを忘れずに4年間いられたらいいと思います」と、はっきりと仰っていた姿が凛々しかったです。

渡邉彩香さん、目指せ東京オリンピック!

この結果により、リオ五輪には、野村敏京さんと大山志保さんの二人が出場することが決まりました。

お二人さん、おめでとうございます!

出場が叶わなかった人達の分も頑張って下さい!


上位&日本選手成績表(敬称略)
順位 スコア 氏名 
優勝 -6 ブリタニー ラング(米) 
2位 -6 アンナ ノードクイスト(スウェーデン)
3位T



-4



リディア コ(ニュージーランド)
チ ウンヒ(韓)
パク スンヒュン(韓)
梁 熙英(韓) 
7位 -3 ステーシー ルイス(米) 
8位T -2 クリスティ カー(米) 他 
11位T-1 野村 敏京 他 
38位T

+4

渡邉 彩香
横峯 さくら 他 
69位T+17原 江里菜 他 



スポンサーリンク



この記事へのコメント