処暑(しょしょ)ですよ。


処暑(しょしょ)ですよ。


暑さが峠を越えて後退し始めるころという処暑(しょしょ)なのですが、連日の猛暑日は終わってくれるのでしょうかねぇ~。(>_<)

最高気温が35℃を超える猛暑日が、大阪では20日間以上続いています。

NASAが、今年の夏は猛暑になると予測していましたが、まさしく猛暑になりましたね。

特に西日本では、人間の体温を超える37℃以上を記録するような日が続いていて、熱中症で病院に搬送される人が後を絶ちません。

暦の通り、処暑(しょしょ)なので、今日から暑さが和らいでくれることを祈りたいと思います。


ただ、処暑(しょしょ)は、台風の日本接近が多い季節という通り、台風9号が関東・東北を縦断し、
現在北海道を通過中で、各地で被害が出ているようです。

一雨ごとに暑さは和らいでいきますが、その一雨で被害が出ないように祈りたいですね。


七十二候の初候は綿柎開(わたのはなしべひらく)で、綿を包む咢(がく)が開く

次候は天地始粛(てんちはじめてさむし)で、ようやく暑さが鎮まる

末候は禾乃登(こくものすなわちみのる)で、稲が実る

という意味になります。


まだまだ、暑い日が続きそうですが、蝉の鳴き声が止んだり、赤とんぼを見かけたり、台風が接近してきたりと、季節が確実に進んでいることだけは間違いがなさそうですね。










スポンサーリンク



この記事へのコメント