涙、涙の堀琴音さん。プレッシャーで自分のゴルフができなかった長野未祈さん。『日本女子オープンゴルフ2016』


涙、涙の堀琴音さん。プレッシャーで自分のゴルフができなかった長野未祈さん。


『日本女子オープンゴルフ選手権競技2016』は、激闘の末、畑岡奈紗さんが史上初となるアマチュアでの優勝で幕を閉じました。

畑岡奈紗さんの優勝は、アマチュアの優勝や史上最年少等、記録にも記憶にも残るものづくしで、難しいコースセッティングを攻略した畑岡奈紗さんの凄さが際立ちますが、勝者がいれば敗者がいる、敗れ去った選手たちにも多くのドラマがありましたね。


3日目終了時点では単独のトップで、史上初のアマチュア優勝達成者となるのではと期待された、アマチュアの長野未祈さんでしたが、最終日最終組のプレッシャーは想像を絶するものだったようですね。

それはそうでしょうね。

プロゴルファーでさえ、最終日最終組の重圧に打ち勝てず、優勝できない人が沢山いるのですから、高校1年生の長野未祈さんにとっては計り知れないプレッシャーだったと思います。


画面を通して観ている私にさえ、長野未祈さんの昨日までのスイングができていないのが分かりました。

試合後、長野未祈さんのキャディを務めていたお父さんが「緊張でいつものスイングができなかった。」とコメントしておられましたね。


しかし、そんな状況でも長野未祈さんのスコアは「78」、同組でラウンドしたプロの柏原明日架さんが「77」ですから、胸を張って良いスコアだと思います。


長野未祈さんのスイングは、年齢が若く、身体的に線の細さがあり、殆ど完成されている畑岡奈紗さんのスイングに比べると、未完成ではありますが、そのスイングであれだけのゴルフができるのですから、完成された時には、どれほど強いゴルファーになるのかと期待され、非常に楽しみですね。



一番悔しい思いをしたのは、最後まで優勝の可能性が残っていた堀琴音さんかもしれませんね。


最終組から4組前でラウンドした畑岡奈紗さんが、最終ホールでバーディを奪ったのは、堀琴音さんが17番ホールのティーインググランドで前の組のセカンドショットを待っている時でした。

18番ホールから大歓声が上がるのを堀琴音さんは聞いてはいたものの、畑岡奈紗さんがトータルスコアを4アンダーに伸ばしたのを、堀琴音さんが知ることができたのは17番ホールのセカンドショットを打った後のタイミングでした。


ラウンド解説の塩谷育代さんが「アゲンストの風が強くなった。」と仰っていましたが、堀琴音さんはセカンドをレイアップ、3打目勝負を選択しました。


結果論ではありますが、堀琴音さんのティショットは良かったと思うので、レイアップの選択に悔いは残っていないのだろうかと思います。


残り211ヤードのセカンドショットを、スプーンを選択して2オンさせてきた畑岡奈紗さんに対して、堀琴音さんはレイアップの選択。

堀琴音さんの残りの距離が分からないので、なんともいい難いのですが、堀琴音さんの17番ホールのレイアップ、そして、18番ホールのセカンドショットの結果を見ても、17番ホールのセカンドでスプーンを握り、18番ホールのセカンドショットでピンをデッドに狙った畑岡奈紗さんの、積極性というか攻撃的な姿勢に比べて、堀琴音さんは守勢に入ってしまったように思います。


しかし、堀琴音さんの18番ホールのバーディパットは見事でしたね。

ラウンド解説の塩谷育代さんが「入ることしか考えない。それでいいと思います。」と仰っていましたが、堀琴音さんのバーディパットはカップには入らなかったものの、アナウンサーが「こちらサイドからカップに届いたプレイヤーはいませんでした。」と話すような場所から、堀琴音さんはカップをオーバーさせてきたのですから大したものです。


ただ、バーディパットがカップを通り過ぎた瞬間から、堀琴音さんの目には涙が浮かんでいて、観ている私も貰い泣きしてしまいましたね。


堀琴音さんの今後に、大いに期待して応援したいと思います!




今大会は優勝が畑岡奈紗さん、6位タイに西村優菜さん、10位タイには長野未祈さんが入るというアマチュア選手が大活躍する大会となりました。

個人的には、西村優菜さんは「原田伸郎の目指せパーゴルフ」仲間なので、6位タイに入賞したので凄く嬉しいですね。

そして、私が清々しい気持ちになったのは、長野未祈さんや畑岡奈紗さんがホールアウトする際、コースに対して一礼する姿を見たときですね。



ラウンド解説の小田美岐さんが「18番ホールの畑岡奈紗さんのバーディパットには脱帽しました」と仰っていましたが、畑岡奈紗さんがバーディパットを決めた瞬間の観衆の大歓声に、鳥肌が立ちましたね。

まさに今大会を締めくくる印象に残るシーンとなりました。

畑岡奈紗さん、おめでとう!


スポンサーリンク



この記事へのコメント