短期決戦POを制したのはアン・ソンジュさん!ベストアマは畑岡奈紗さん!『スタンレーレディスGT2016』結果


短期決戦のPOを制したのはアン・ソンジュさん!ベストアマは畑岡奈紗さん!


静岡県の東名カントリークラブ(6586ヤード パー72)で行われた『スタンレーレディスゴルフトーナメント2016』は、天候不良の為、2日間開催となりました。

しかも、2日目のラウンド途中でのサスペンデッドで、その後のラウンドを3日目に行うという変則の2日間開催となりました。



その変則開催となった『スタンレーレディスゴルフトーナメント2016』を制したのは韓国のアン・ソンジュさんで、通算6アンダーで並んだイ・ボミさん(韓)との二人によるプレイオフを制しての優勝です。

アン・ソンジュさん、おめでとうございます!


アン・ソンジュさんは、アウト10番ホールからのラウンドとなりましたが、ラウンド解説の古賀美保さんが仰っていたように、決して調子は良くなく、ラウンド中のアン・ソンジュさんの表情が物語るように、納得のいくショットは打てていないようでした。

ただ、そのような状況でもボギーを打たずにパーを続け、最終18番ホールでバーディを奪うところが、流石、アン・ソンジュさんですね。


その唯一のバーディによりトップのイ・ボミさんに並び、プレイオフに進みました。

プレイオフの一ホール目、パー5の3打目、先に打ったイ・ボミさんがピン左横、3m弱のバーディチャンスにつけたのを見たアン・ソンジュさんは、ピン右奥1m弱にピタリと寄せ返しました。

調子の良くなかったアン・ソンジュさんですが、勝つポイントを知っているというのか、本当に勝負強いと思いますね。



ベストアマになったのは、先週、史上初となるアマチュアでの『日本女子オープンゴルフ選手権競技』制覇を成し遂げた畑岡奈紗さんです。

ベストアマは畑岡奈紗さんと勝みなみさんの二人による争いとなりましたが、畑岡奈紗さんに運があったようですね。


17番ホールでは、畑岡奈紗さんのティーショットは左に引っかかり、崖下まで転がっていくかもしれないというボールでしたが、ワンバウンドした後、ギャラリーの背中にあたり、崖下の方に行かずにラフで止まるラッキーがありました。

ギャラリーにあたらなければ、崖下に落ちるトラブルになっていましたから、1打以上は謝らなければいけなくなっていたんじゃないでしょうか。


勝みなみさんは最終18番ホールのパーパットを外してしまったのが痛いですね~。(>_<)

距離にして50cmくらい、殆ど真っ直ぐのラインでしたから、普段の勝みなみさんなら間違いなく沈めていたと思います。

しかし、解説の樋口久子さんとラウンド解説の塩谷育代さんが揃って、「邪念が入っているようで、いつものリズムではなかった」と仰っていたように、信じられないような外し方でしたね。

“ 畑岡奈紗さんに負けたくない ”というような気持ちを持ちながらパッティングしてしまったのかもしれませんね。

目の前の一打に集中するということは、なかなか難しいっことなのでしょう。



勝みなみさんにとっては残念な結果となってしまいましたが、勝みなみさんと畑岡奈紗さんの同級生コンビの同組でのラウンドは、観ている私にとっては非常に楽しいゴルフ観戦でした。

画面から、勝みなみさんと畑岡奈紗さんが楽しんでラウンドしているのが伝わってきて、観ている私の表情も、つい笑顔になってしまうような、そんな雰囲気がしていましたね。


畑岡奈紗さんは今週中にプロ転向することが報道されていますし、勝みなみさんも早晩プロになるでしょう。

今後の二人の活躍が楽しみですね。


永井花奈さんは今季初のベスト10フィニッシュです。

予選落ちが多く、なかなか賞金を加算できずにいる永井花奈さんですが、今年のプロテストをトップで合格した底力を発揮して、シード権を確保できると良いのですが…。

永井花奈さん、がんばれ!


上位成績表(敬称略)@アマチュア
順位 スコア 氏名 
優勝 -6 アン ソンジュ(韓) 
-6 イ ボミ(韓) 
-5 福嶋 浩子 
4T


-4


ペ ヒギョン(韓)
@畑岡 奈紗
辻 梨恵 
7T




-3




鈴木 愛
笠 りつ子
@勝 みなみ
松森 彩夏
永井 花奈 



スポンサーリンク



この記事へのコメント