ニャンコさんに朗報です!猫の寿命を大幅に延ばせる可能性!


ニャンコさんに朗報です!猫の寿命を大幅に延ばせる可能性!


東京大学の宮崎徹教授(疾患生命科学)らの研究チームが、猫に腎不全が多い原因を解明し、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に、12日に発表したと毎日新聞が報道しました。


記事によると、


猫の死因のトップは腎不全とされているものの、原因は不明で治療法も確立されていませんでした。

腎臓は、血液中の老廃物を尿として排出する役割があり、腎不全はこの機能が働かない状態のことで、尿の通り道となる管内の細胞が死んではがれ、ごみとなって塞いでしまうことが原因となります。

猫の場合、5~6歳で急性の腎不全になることが多く、そのうちの5~7割が改善せずに、慢性腎不全となり、15歳程度で死ぬことが多く、研究は腎不全の猫の治療や延命に役立つとされています。


人やマウスでは、急性の腎不全になった場合、血液中に固まって浮遊しているたんぱく質「AIM」が活性化し、ごみの排除に関わって腎機能を改善させますが、猫の場合は、AIMが急性腎不全になっても働かないということを研究チームは発見しました。

このたんぱく質の働きを利用した薬の開発が進められており、猫だけでなく人への応用も期待されています。


宮崎教授は「数年で猫の薬が使えるようになる見込みで、猫の寿命を大幅に延ばせる可能性がある」と話しておられるそうです。


と書かれています。



以前、記事『イヌとネコの平均寿命は…』に書きましたが、ネコさんの平均寿命は11.9歳(東京農工大学と日本小動物獣医師会が調査した結果)ということですですが、ネコさんの死因のトップとなる、腎不全の治療法が確立されれば、ネコさんの寿命が延びることになりますね。

そうなれば、ネコさんの飼い主さんは、一緒にいられる時間がより長くなって幸せです。


一日も早く、薬の開発が進められ、ネコさんの寿命が延びることを祈りたいですね。

そして、薬の開発は、ネコさんだけでなく人への応用も期待されているそうなので、そちらにも期待したいと思います!


スポンサーリンク



この記事へのコメント