今度は鳥取県で地震です!


今度は鳥取県で地震です!


揺れましたね。

揺れを感じた瞬間は、“ 南海トラフか! ”と緊張感が走りましたが、大阪の揺れは数秒間でおさまりました。


今回の地震の震源地は鳥取県中部で、最大震度は6弱だそうです。

震源の深さは11キロで、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.6と推測されているそうです。



鳥取県も地震の多い場所で、1943年に最大震度6を観測した「鳥取地震」(M7.2)があり、2000年には震度6強を観測した「鳥取県西部地震」(M7.3)などが起きています。


鳥取地震の約半年前にはM6.2の地震が2日続いて発生したことがあったそうで、こうした経緯を踏まえ、気象庁は記者会見で「揺れの強かった地域では同規模の地震が続く可能性もあり、建物が倒壊しやすくなっている危険性があるので、十分に注意してほしい」と発表しています。



今年の4月には熊本地震があり、大きな被害が出て、被災した方の避難生活が続いている中、今回の鳥取での地震です。

もっと言えば、5年前に起こった東日本大震災の復興も未だ途中です。


地震国・日本の宿命とはいえ、犠牲者が出ないよう祈ります。


スポンサーリンク



この記事へのコメント