輝くダイヤモンド! 菊花賞はサトノダイヤモンドが完勝!第77回菊花賞(G1)


輝くダイヤモンド! 菊花賞はサトノダイヤモンドが完勝!


第77回菊花賞(G1)が京都競馬場で行われ、1番人気のサトノダイヤモンド(ルメール騎手)が人気に応える完勝で、クラシックの最後の一冠、菊花賞を制しました。

2着はレインボーライン(福永祐一騎手)、3着にはエアスピネル(武豊騎手)が入り、2番人気のディーマジェスティ(蛯名正義騎手)は4着に敗れました。



いやぁ~、強かったですねぇ、サトノダイヤモンド!

最後の直線は、安心して見ていられるほど余裕のある走りで、完勝でしたね。


何を隠そう、私の本命はサトノダイヤモンドだったので、途中、かかる素振りをみせるサトノダイヤモンドにドキドキしながらレースを見ていましたが、直線に入ってからは安心して見ていられました。

ただ、馬券はサトノダイヤモンドからディーマジェスティへの馬単1点買いと、サトノダイヤモンドの単勝しか買っていないので、痛し痒しの結果ですが…


ディーマジェスティは3コーナーを過ぎたあたりから手応えが怪しかったんでしょうね。

騎手の蛯名正義さんが手綱をしごき、ムチも使っていましたからねぇ。

そのすぐ前を走るサトノダイヤモンドとの差は歴然でした。

ただ、そのくらいの手応えであっても4着に入ってくるあたりは、流石、皐月賞馬ということでしょうね。



優勝インタビューに応えるルメール騎手は、歓喜というよりは“ 安堵 ”している方が勝っている、そんな感じでしたね。

春は、期待を背負いながらも、皐月賞は3着、ダービーは2着と結果を残せずに迎えた、クラシック最後の1冠・菊花賞でしたし、サトノダイヤモンドの馬主さんの里見治さんは、冠名“サトノ”で有名な馬主さんで、数々の名馬を所有してこられ、多くの重賞勝ちは収めいるものの、G1だけは未勝利で、競馬界の七不思議とも言われていましたから、そんな“サトノ”の馬・サトノダイヤモンドで、馬主の里見治さんに初のG1勝ちを届けることができたことに安堵したのかもしれませんね。

ルメール騎手は「サトノダイヤモンドは、G1をいくつも取る事ができる」と仰っていましたから、今後も期待して応援したいと思います!


スポンサーリンク



この記事へのコメント