片山晋呉さん、今季初勝利で通算30勝達成!『マイナビABCチャンピオンシップ2016』結果


片山晋呉さん、今季初勝利で通算30勝達成!


兵庫県のABCゴルフ倶楽部(7217ヤード パー72)で開催された『マイナビABCチャンピオンシップ2016』を制したのは、ベテランの片山晋呉さんでした。

片山晋呉さんは今季初勝利で、ツアー通算30勝目を飾りました。

片山晋呉さん、おめでとうございます!



最終日の最終組を回ったのは、片山晋呉さんと初優勝を狙う小林伸太郎さん、女子プロゴルファーの香妻琴乃さんの弟の香妻陣一朗さんの3人でした。

前半、スコアを伸ばすことができない小林伸太郎さんと香妻陣一朗さんを尻目に、片山晋呉さんはスコアを3つ伸ばしてトップに立ちます。

後半に入り、12番ホールでボギーを打った香妻陣一朗さんが優勝争いから脱落。

小林伸太郎さんは11番、15番ホールでバーディを奪い、片山晋呉さんに1打差に迫ります。

そこで迎えた17番ホールで、優勝経験豊富な片山晋呉さんと初優勝を狙う小林伸太郎さんとの間に経験の差が出てしまいましたね。


共に、2打目をグリーン右手前のガードバンカーに入れてしまいますが、片山晋呉さんは、あわやカップインしてしまいそうになる程の完璧なバンカーショットで楽々パーを拾います。

その後に打った小林伸太郎さんのバンカーショットは、砂を多く取ってしまったのか、グリーン手前のカラーまでしか出ず、これを決めきれずにボギーとしてしまい、片山晋呉さんとの差が2打差になってしまいました。


小林伸太郎さんのバンカーショットは、ライなどの状況をみても、それほど難しい条件には見えなかったので、やはり、経験の差が出てしまったのか、優勝争いのプレッシャーが小林伸太郎さんに重くのしかかってしまったのかなと思います。


しかし、小林伸太郎さんは、ABCゴルフ倶楽部の名物最終ロングホールでは、見事に2オンを成功させ、イーグルチャンスにつけたのは素晴らしかったと思います。

結果論ではありますが、小林伸太郎さんが17番でボギーを打たず、1打差のまま最終ホールを迎えていたとしたら、片山晋呉さんも2オンを狙わざるを得なかったでしょうから、違う結末になっていた可能性もあったと感じるだけに、小林伸太郎さんの17番ホールのバンカーショットは残念でしたね。

小林伸太郎さんの今後に期待して応援したいと思います!


それから、優勝争いからは早々に脱落してしまった香妻陣一朗さんですが、解説の田中秀道さんが「かっこいいドローボールを打つ」と仰っていたように(田中秀道さんも凄いドローボールヒッターですよね)、香妻陣一朗さんも田中秀道さん同様、背は高くないのですが、やや低めのドローボールで飛距離を出していました。

田中秀道さんが応援している香妻陣一朗さんを、私も今後は応援したいと思います!


上位成績表(敬称略)
順位 スコア 氏名 
優勝 -12 片山 晋呉 
-11 小林 伸太郎 
-9 小田 孔明 
4T

-8

香妻 陣一朗
任 成宰(韓) 
6T


-7


井上 信
姜 庚男(韓)
市原 弘大 
9T





-6





近藤 共弘
ハン リー(米)
今平 周吾
富村 真治
大堀 裕次郎
宮本 勝昌 



スポンサーリンク



この記事へのコメント