フォン・シャンシャンさん、逃げ切りV!堀琴音さんは3位タイ!『TOTOジャパンクラシック2016』結果


フォン・シャンシャンさん、逃げ切りV!堀琴音さんは3位タイ!


茨城県の太平洋ゴルフクラブ美野里コース(6646ヤード パー72)で開催された『TOTOジャパンクラシック2016』は、2日目に8アンダー「64」の好スコアを叩き出してトップに立った中国のフォン・シャンシャンさんが、最終日のこの日もスコアを2つ伸ばし、他者の追撃を振り切り、逃げ切りの優勝を果たしました。

フォン・シャンシャンさん、おめでとうございます!



フォン・シャンシャンさんは日本ツアーの試合にも出場したことが何度かあるので、ご存知の方も多いと思いますが、現在はアメリカツアーで活躍されているので、日本でフォン・シャンシャンさんの姿を見る機会はあまりありませんね。


解説の戸張捷さんが仰っていましたが、フォン・シャンシャンさんの服装は派手ですね。

原色のオンパレードの服装をよく見かけます。

フォン・シャンシャンさんは、その体型と服装の派手さで、遠目からでもフォン・シャンシャンさんと認識できますね。(決して悪い意味ではないので誤解のないようにお願いします)


フォン・シャンシャンさんが目立つのは体型と服装だけではなく、そのプレイも素晴らしいですね。

先に行われたリオデジャネイロオリンピックでは銅メダルを獲得しているので、フォン・シャンシャンさんの名は全世界に知られているでしょう。


私が持っているフォン・シャンシャンさんの印象は、服装とは真逆の堅実でステディなゴルフをするプレイヤーという印象で、感情の起伏も非常に安定していると思います。

淡々と自分のゴルフを行い、ホールを攻略していく、そんな感じがしますね。


今大会の最終日も、勢いのあるタイのアリヤ・ジュタヌガーンさんとノルウェーのスーザン・ペターセンさんとの最終組でのラウンドでしたが、圧倒的なジュタヌガーンさんの飛距離にも、スーザン・ペターセンさんの正確なショットにも惑わされること無く、フォン・シャンシャンさんは自分のゴルフに徹して、“ 我が道を行く ”という感じでした。

最終ホールでティーショットを左に曲げ、3パットしてしまいダブルボギーを叩いたのはご愛嬌ですね。

フォン・シャンシャンさん、強いです。



そして、強いフォン・シャンシャンさん以外にも、多くの世界ランカーが参戦した今大会で、日本人選手のトップで3位タイに入賞したのが堀琴音さんです。


今季の、特に後半に入ってからの堀琴音さんは素晴らしいですね。

毎試合のように優勝争いに加わり、上位での成績を収めていますね。

身体は線が細く、飛距離は出るほうでは無いですが、ショットの正確性は素晴らしく、何より、勢いがありますね。

私もそうですが、早く初優勝を飾って欲しいと思っているファンの方も多いと思います


今大会では日本人選手トップでの成績ですし、最終ホールのバーディも素晴らしかったです。

今シーズンも残り僅かですが、勢いのあるうちに早く初優勝を果たさないと、今シーズンが終わって来シーズンまで期間が空くと、勢いが途絶えそうな気がして心配になってしまいますね。

堀琴音さんには余計なお世話ですね。

ごめんなさい。

堀琴音さんに注目して応援したいと思います!


上位成績表(敬称略)
順位 スコア 氏名 
優勝 -13 フォン シャンシャン(中) 
-12 ジャン ハナ(韓) 
3T



-10



姜 秀衍(韓)
アン ソンジュ(韓)
リュウ ソヨン(韓)
堀 琴音 
7T


-9


スーザン ペターセン(ノルウェー)
ポーナノン ファトラム(タイ)
イ ミヒャン(韓) 
10T



-8



アリヤ ジュタヌガーン(タイ)
ジェニー シン(韓)
サンドラ ガル(独)
ミンジー リー(豪) 



スポンサーリンク



この記事へのコメント