怪物フランケルの仔、ソウルスターリング強い!第68回阪神ジュベナイルフィリーズ


怪物フランケルの仔、ソウルスターリング強い!


第68回阪神ジュベナイルフィリーズはソウルスターリングが制しました。

ソウルスターリングは、全勝のまま引退した怪物フランケルの仔です。


競馬は“ ブラッド(血の)スポーツ ”と言われますが、怪物フランケルの血は凄かったということですね。


C.ルメール騎手騎乗のソウルスターリングは1枠2番の内枠を生かし、スタート直後から3番手4番手の好位をキープ、最後のコーナーを出て直線に入ると先頭に立ち、そのまま後方からの追い上げを制したのですが、まったく危なげの無い勝ち方で、完璧なレース運びと言って良い内容でしたね。


牝馬クラシックの初戦、桜花賞は阪神ジュベナイルフィリーズと同じ阪神競馬場の1600mで行われるので、ソウルスターリングは桜花賞の本命になるかもしれませんね。



2着に入った戸崎圭太騎手騎乗のリスグラシューは、凄い脚で追い上げましたが届きませんでしたね。

しかし、大外枠に入った事を考慮すると、桜花賞では逆転の目もあるのかなと期待の持てる敗戦だったんじゃないでしょうかね。


そして、3着は蛯名正義騎手騎乗のレーヌミノルでした。

実を言うと、私の本命はレーヌミノルでしたが、残念ながら3着でした。

最後のコーナーを出るときに他馬と接触があり、最後の脚に影響があったんじゃないかと思っていて、桜花賞では逆転がないかなぁ~とも思っているのですが、はたして?



来週の第68回朝日杯フューチュリティステークスには、ソウルスターリングと同じ、怪物フランケルの仔、ミスエルテが参戦します。

ミスエルテは牝馬ですが、牡馬に混じり、どんなレースをしてくれるのか楽しみにしたいと思います。



スポンサーリンク



この記事へのコメント