宮里美香さん残念!全英リコー女子オープン2015終了

全英リコー女子オープン2015が終わりました。

優勝は韓国のパク・インビさんで、これでメジャー7勝目となり、グランドスラム達成です。
2位には韓国のコ・ジンヨンさん、3位にはニュージーランドのリディア・コさんが入り、宮里美香さんは7位タイでのフィニッシュとなりました。

順位表(敬称略)
順位 スコア 氏名 
1位 -12 パク インビ(韓国) 
2位 -9 コ ジンヨン(韓国) 
3位 

-8

リディア コ(ニュージーランド)
リュウ ソヨン(韓国) 
5位 -7 スーザン ペターセン(ノルウェー) 
6位 -6 テレサ ルー(台湾) 
7位タイ -5 宮里 美香 他 
31位タイ +4 チョン インジ(韓国) 他 
36位タイ +5 横峯 さくら 他 
50位タイ +9 成田 美寿々 他 
61位タイ+11チェ ナヨン(韓国) 他


宮里美香さん、残念でした!(>_<)

試合終了直後に行われた村口史子さんによるインタビューで、宮里美香さんご本人が、「気持ちが入りすぎました。パットが入らなかった。」と仰っていたように、初日から3日間は入っていたパットが入りませんでしたね。

3番ホールでは3mのバーディーパットが外れましたし、象徴的だったのは10番ホールのバーディーパットじゃないでしょうか。
距離は5~6mはあったと思いますが、良い転がりでカップに向かったボールはカップの淵をクルリと一周したあと手前に外れました。
昨日までならカップに吸い込まれていたと思うんですが…。

ただ、パットが入らないながらも我慢のゴルフで前半を折り返し、ロングの14番ホールでは、ピンまで残り約30ヤードの第3打をランニングアプローチで放り込みイーグルを奪うなど(このチップインが無ければ、もっと悔しいラウンドになったと宮里美香さんはインタビューで話しておられました。)、優勝へ向けて大健闘だったんですが、ショートの15番ホールのティーショットをグリーン右の崖に落としてしまい、優勝争いから後退してしまいました。

宮里美香さんにとって、28度目のメジャー挑戦となった「全英リコー女子オープン2015」は、惜しくも7位タイでのフィニッシュとなりましたが、宮里美香さんご本人が、「守りのゴルフも攻めのゴルフもできた。」と仰っているように、収穫の多い、充実した4日間になったのではないでしょうか。

また、宮里美香さんは課題として、「最終日に爆発的なスコアが必要」と仰っていたので、今後の宮里美香さんの最終日のゴルフに注目ですね。


それにしても、韓国勢の勢いは凄いですね。
3位のリディア・コさん(昔は大きなメガネをかけていたので、Drスランプのアラレちゃんみたいで可愛らしかったですが、今は綺麗になられましたね)の国籍はニュージーランドですが、生まれは韓国なので上位4位までは全て韓国勢といっても良いくらいです。

今年7月に行われた全米女子オープンを制したのは韓国のチョン・インジさんだし、今大会・全英リコー女子オープンの決勝ラウンドに韓国人の選手(リディア・コさんは入れてませんよ)が14名も入っているんですから凄いです。


優勝のパク・インビさんと2位のコ・ジンヨンさんの明暗を分けたのは、最難関の16番ホールですね。

優勝したパク・インビさんはバーディを奪ったのに対して、片やコ・ジンヨンさんは、グリーン手前のクリークにはまってしまい万事休すでした。
パク・インビさんは歴戦の猛者で世界ランク1位ですから、試合の勘所(かんどころ)を知っていると言うか、勝ち方を知っていると言うか流石(さすが)です。
しかも、今大会開催前には、「腰が悪くて、自分にあまり期待していない。」とのコメントを残していたにもかかわらず、勝ってしまうんですから恐れ入りますよね。

コ・ジンヨンさんは、弱冠20歳の若者です。
韓国ツアーでは活躍しているそうですが、海外メジャーは初めての経験という事ですから、今回は大健闘ですよね。
全米女子オープンを制したチョン・インジさんといい、韓国選手の層の厚さたるや恐るべしです。
日本勢も負けずに海外に出て活躍する人が増えれば、海外メジャーの勝利もグンと近づくんじゃないかなぁと思います。

ちなみに、私が好きなチェ・ナヨンさんは振るわず、61位タイで終わりましたね。
残念。


初日の大山志保さんや成田美寿々さんのスタートダッシュ、宮里藍ちゃんや横峯さくらさんのプレー、そして、宮里美香さんの大活躍に胸が躍り、大興奮の4日間でした。
選手の皆さん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!

"宮里美香さん残念!全英リコー女子オープン2015終了"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。