プレイオフ決着! 勝ったのは… 『トップ杯東海クラシック2015』最終日の結果

プレイオフ決着! 勝ったのは、金亨成さん(韓国)か片山晋呉さんか?

『トップ杯東海クラシック』(愛知県・三好カントリー倶楽部 西コース(7315ヤード、パー72))最終日の結果です。

上位成績表(敬称略)
順位 スコア 氏名 
優勝-12 金 亨成(韓) 
2位 -12 片山 晋呉 
3位タイ

-10

朴 相賢(韓)
池田 勇太 
5位 -9 小田 龍一 
6位タイ


-8


川村 昌弘
石川 遼
S・H・ペク(韓) 
9位 -7 高山 忠洋 
10位タイ

-6

宮里 優作
金 庚泰(韓) 

プレイオフ決着は劇的でしたね。
プレイオフの2ホールのセカンドショットが明暗を分けました。

ティーショットをミスして230ヤードあまりの距離の残った金亨成さんは、セカンドショットにユーティリティを選択して振り抜くと、ストレートに近いフェードボールは池を越え、ピンの手前2メートルに落ちてピタリと止まりました。

これに対し、片山晋呉さんは残り180ヤードの2打目をグリーン左奥のラフに外してしまいます。

これで“勝負あり”と言えるような状況でしたが、そこは流石片山晋呉さん、距離20ヤード強、下りのスライスラインで、カップの向こうには池が迫っているという非常に難しいアプローチを、見事なショットでボールはカップに向かって一直線に伸びていき、カップの左淵に吸い込まれた!と思った瞬間、カップを半周して外れました。

このスーパーアプローチには金亨成さんもドキリとしたんじゃないですかね。

金亨成さんは、上りでほぼストレートのフックラインのバーディーパットを見事にねじ込み、悲願の優勝を果たしました。
金亨成さん、おめでとうございます!

石川遼くんは、最終日も攻めのゴルフを貫きました。
この姿勢が再来週から始まる来季のアメリカツアーでの活躍に繋がると思いますね。
石川遼くんの活躍に期待です!

"プレイオフ決着! 勝ったのは… 『トップ杯東海クラシック2015』最終日の結果"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。