強豪メキシコを撃破!あっぱれU-23日本代表!

強豪メキシコを撃破!あっぱれU-23日本代表!

ポルトガル・リオマイオールで行われた国際親善試合、U-23日本代表対U-23メキシコ代表はU-23日本代表が2-1でU-23メキシコ代表を破りました。

U-23メキシコ代表は前回のオリンピック、イギリス・ロンドン大会の覇者という強豪です。

当然、メンバーは入れ替わっているとはいえ、ロンドン大会チャンピオンのU-23メキシコ代表を撃破するというのは快挙といっても過言ではないと思います。(ちょっと言い過ぎ?)


試合は開始早々に日本がペースを掴み、開始2分足らずにMF中島翔哉選手がゴールを奪います。

FW南野拓実選手がインターセプトしたボールが中島翔哉選手につながり、左足で放ったシュートは相手DFに当たりましたが、ゴール右上に決まりました。

シュートも力強さがあり良かったですが、シュートを打つ前の切り返しが良かったですね。

相手DFが付いて来れてませんでしたからね。


追加点は前半33分で、中盤でMF遠藤航選手が相手ボールを奪うと、カウンター攻撃から中島翔哉選手、FW久保裕也選手とパスをつなぎ、最後はフリーになったFW南野拓実選手がゴール右隅に決めて2点目を奪います。

2得点とも素晴らしい得点でしたね。


解説の秋田豊さん(元日本代表)と松原良香さん(元日本代表)も仰っていましたが、日本代表は前線からのプレッシングが早く、球際の厳しさがありましたね。

ただ、後半になると、そこは流石に五輪の前回王者メキシコで、前半にはあまり見られなかった日本が押し込まれる展開が続きます。

後半24分に、途中出場のFWマルコ・ブエノ選手にゴールを奪われましたが、1点差を守り抜き2-1で勝利しました。


この勝利は、U-23日本代表メンバーにとって非常に大きな自信になったのでないでしょうか。

そして、応援する私にとっても、リオデジャネイロ五輪のメダルを、いや、メダルの色を意識できるくらい、それくらい素晴らしい試合内容だったと思います!









"強豪メキシコを撃破!あっぱれU-23日本代表!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。