カラスが地震予知!?


カラスが地震予知!?


動物には不思議な能力があるとよく聞きますが、大分合同新聞社の記事・ミニ事件簿にカラスのお話が出ていました。


記事『カラスが窓に激突…地震の予兆?』

『終息の兆しが見えない地震。熊本、大分での地震が始まる2週間ほど前から、県庁15階にある県防災対策室の分室では、カラスが窓ガラスに衝突する奇妙な出来事が相次いだ。

職員によると、通常は年に1、2回しかないという。ところが、4月になってから頻発。午前8時から同9時の間に集中し、多い日は7、8回もあった。

地震発生後の15日からはピタリとやんだという。

職員たちは「動物には不思議な能力があると聞く。

もしかしたら危険を知らせに来たのかも」と首をかしげていた。』



以前、記事『カラスがお手!?』(2015.12.15)に書きましたが、カラスの脳化指数(体重に占める脳の重さの割合)は0.16で、人間の0.89やチンパンジーの0.30には劣るものの、犬の0.14や猫の0.12よりも高く、カラスの知能は、人間の4~5才の子供と同じくらいだという風にいわれているそうです。


また、カラスは観察力が高く、人間に対して友好的な側面もあるそうですから、今回の大分合同新聞社の記事『カラスが窓に激突…地震の予兆?』の中に出てくるカラスは、動物の能力で察知した地震予知を人間に知らせてくれていたのかも、と思ってしまいます。


なにせ、カラスが衝突していた窓ガラスが、県庁15階にある県防災対策室の分室だということなのですから驚きですよね。


カラスは人間の仕事内容まで理解していたということになるんでしょか…

それは、ちょっと凄すぎますね。

カラスさん、本当のところを教えて下さい!








"カラスが地震予知!?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。